メインメニューを開く

名古屋大学大学院経済学研究科・経済学部

名古屋大学経済学部から転送)
名古屋大学 > 名古屋大学大学院経済学研究科・経済学部

名古屋大学大学院経済学研究科(なごやだいがくだいがくいんけいざいがくけんきゅうか、英称:Graduate School for Economics)は、名古屋大学大学院に設置される研究科の一つである。また、名古屋大学経済学部(なごやだいがくけいざいがくぶ、英称:Faculty of Economics)は、名古屋大学に設置される学部の一つである。

目次

概要編集

名古屋大学大学院経済学研究科・経済学部は、1920年名古屋高等商業学校を源流としており、1950年に名古屋大学経済学部が設立されると、初代経済学部長には名古屋高等商業学校校長の酒井正兵衛教授が就いた[1]

大学院は社会経済システム、産業経営システムの2専攻。学科は経済学科と経営学科の2学科体制(大学入試では学部一括募集し、1年時終了時に希望により学科を選択)。

沿革編集

  • 1920年11月 - 名古屋高等商業学校創立。キャンパス所在地は瑞穂区川澄[2]にあった。
  • 1922年4月 - 商品実験室設置。
  • 1924年 - 同窓会「其湛會」(現・社団法人キタン会)の発足。
  • 1926年 - 産業調査室(現・国際経済政策研究センター)設置
  • 1944年3月 - 「名古屋経済専門学校」と改称。名古屋工業経営専門学校を併設
  • 1946年3月 - 工業経営専門学校を廃止し、経済専門学校に統合。経専の本科を経済科・経営科に分け、後者に工経専の生徒を編入
  • 1948年 - 新制名古屋大学に法経学部、文学部を設置。
  • 1949年5月 - 名古屋大学に包括され、法経学部経済経営学科の母体となる。
  • 1950年4月 - 法経学部を法学部・経済学部に分離。
  • 1951年3月 - 名古屋高等商業学校廃止。
  • 1953年 - 新制大学院発足に伴い、経済学研究科を設置。2月25日、名古屋大学経済学部同窓会(啓友会。現・社団法人キタン会)発足。
  • 1959年4月28日 - 名古屋大学経済学部東山校舎が竣工。千種区東山への移転完了。
  • 1996年 - 社会人リフレッシュ・コースを設置。
  • 1999年 - 社会人一般コースを設置。
  • 2000年3月 - 大学院重点化により名古屋大学大学院経済学研究科・経済学部と改称。

学科編集

  • 入学定員205人[3]
    • 経済学科
    • 経営学科

著名な出身者編集

政治編集

行政編集

経済編集

マスコミ編集

エコノミスト編集

研究編集

芸能編集

アナウンサー編集

スポーツ編集

その他編集

博士号取得者編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「名古屋高等商業字校」名古屋大学学術機関リポジトリ
  2. ^ 千種区東山への移転に伴い、名古屋市立大学医学部が当地に移転された。
  3. ^ [1]

外部リンク編集