可杯または可盃(べくはい、べくさかずき)は、日本の酒器の一種[1]

漢文で、「可」の字は「可○○○○」(は返り点)のように、常に句の上に来て、けっして下に置かない[1]。このことから、飲みほさなければけっして下に置くことができないさかずきを、「可杯」という[1]。古くは江戸時代柳亭種秀『於路加於比』や井原西鶴『俗つれづれ』に見える[1]

いくつか種類がある。

  • さかずきの底にちいさな穴がうがってあり、さかずきを持つ手の指でその穴をふさぎ、飲みほさなければ下に置くことができないもの。
  • 天狗面のさかずきは、容量は8勺ほどで、その鼻(容量は5勺ほど)を持って酒を飲むもの。
  • ひょっとこ面のさかずきは、面の口にひらく穴を指の腹でふさぎながら酒を飲むもの。

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 青木正児 『中華名物考』 平凡社平凡社東洋文庫〉、1988年 [1959年春秋社]、138-139頁。ISBN 4582804799