蘋果日報 (台湾)

台湾の新聞
台灣蘋果日報から転送)

蘋果日報(ひんかにっぽう[1]、Apple Daily、アップルデイリー)は、2003年中華民国台湾)で発行された正体字中国語日刊新聞。日本語のメディアや書籍・文献では、題号を「リンゴ日報」などと訳すことがある。 香港の同名紙『蘋果日報』の台湾版であり、香港版と同じく香港の大手メディアグループ壱伝媒zh:壹傳媒有限公司、Next Digital Ltd.)の傘下にあった。

蘋果日報
Apple Daily
種類 日刊
サイズ ブランケット判

事業者 蘋果日報出版發展有限公司台灣分公司
本社 中華民国の旗 中華民国台北市内湖区行愛路141巷38号
代表者 葉一堅
創刊 2003年5月2日
廃刊 2021年5月17日
言語 中国語
価格 1部 20台湾元
発行数 50万部
ウェブサイト https://tw.appledaily.com
テンプレートを表示

特徴編集

台湾での創刊当時は他紙を超える発行量と、全ページカラー印刷に加え既存紙が15元であったのに対し10元(発行当初は5元)との低価格路線を打ち出し、短期間で発行部数を増加させ台湾4大新聞の一翼を形成するに至った[要出典]

写真やイラストを多用し、三面記事ゴシップを中心に構成されている。また、『ニューヨーク・タイムズ』に匹敵するページ数となっていた[要出典]

蘋果日報のアニメーションニュースサービスは、 「蘋果動新聞」(ひんかどうしんぶん)という。

壱伝媒傘下の日本語ニュースサービスは、 「TomoNews」という。

近年の動向編集

2019年9月2日より、ネット記事を有料化した(月額120台湾ドル、海外会員は5.99アメリカドル)[2]

2020年7月1日、ネット記事を再び無料化するとともに、有料会員には広告なしで閲覧できるようにした[3]

2021年5月14日、同月17日限りで紙版を廃刊し、ネット版「蘋果新聞網」に資源を集中させると発表[4][5]。5月17日に最終号が発行された[6][7]

2021年6月24日、香港の蘋果日報廃刊後も、壱伝媒の傘下企業は全て財務上独立しているとして、台湾「蘋果新聞網」の運営は継続する旨発表した[8][9]

脚注編集

外部リンク編集