メインメニューを開く

台風第1号

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

台風第1号(たいふうだい1ごう)は、その年の1番目に発生した台風の名称。発生月は様々で、1月に発生する事もあれば7月になった例もある。

  • 昭和48年台風第1号 - 1973年7月2日に発生した台風。英語名は「Wilda(ウィルダ)」。この年は太平洋高気圧の軸が異常に南下し、台風の発生域が高気圧に覆われたため発生が遅れた。
  • 平成10年台風第1号 - 1998年7月9日に発生した台風。英語名は「Nichole(ニコール)」。1951年以降ではもっとも遅い記録であり、また7月に入っての第1号の発生はこの年と1973年と2016年のみ。
  • 平成18年台風第1号 - 2006年(平成18年)5月9日に発生した台風。アジア名は「Chanchu(チャンチー)」。
  • 平成19年台風第1号 - 2007年(平成19年)4月1日に発生した台風。アジア名は「Kong-rey(コンレイ)」。2007年の台風を参照。
  • 平成20年台風第1号 - 2008年(平成20年)4月15日に発生した台風。アジア名は「Neoguri(ノグリー)」。フィリピン中国に大きな被害を出した。
  • 平成22年台風第1号 - 2010年(平成22年)3月24日に発生した台風。アジア名は「Omais(オーマイス)」。
  • 平成23年台風第1号 - 2011年(平成23年)5月7日に発生した台風。アジア名は「Aere(アイレー)」。
  • 平成28年台風第1号 - 2016年(平成28年)7月3日に発生した台風。アジア名は「Nepartak(ニパルタック)」。台風第1号としては観測史上初の猛烈な勢力となった。
  • 平成29年台風第1号 - 2017年(平成29年)4月26日に発生した台風。アジア名は「Muifa(ムイファー)」。
  • 平成30年台風第1号 - 2018年(平成30年)1月3日に発生した台風。アジア名は「Bolaven(ボラヴェン)」。
  • 平成31年台風第1号 - 2019年(平成31年)1月1日に発生した台風。アジア名は「Pabuk(パブーク)」。1951年(この年から台風の統計基準が統一された)以降では最も早い発生。ただし海水温が最も低くなるのは2月であり、2月を台風シーズンの年変わりの時期と解すれば、年末年始を基準とした早い発生や遅い発生(年末の台風発生)は人為的な基準であるともいえる。

1951年以降現在(2009年)まで、第2号から第24号までの番号の台風は日本に上陸した事があるが(他に26号、28号、その他も上陸がある)、台風第1号はまだない。台風第1号は、平年であれば春に発生するので、日本に接近しないためである。