メインメニューを開く

右直事故(うちょくじこ)とは、左側通行の道路における、交差点での右折車と直進車の衝突事故である[1]

概要編集

左側通行の場合、右折という動作は、対向車線を横切る必要があるために本質的に危険を伴うものである。そのため右折車が対向車の距離感や速度感を誤って右折を始めると、直進車と正面衝突に近い角度で接触し死傷事故となる。このとき直進車は速度が出ている場合が多いため、乗員が車外へ投げ出されるなど重大事故になりやすい[1]。 特に前の車がバストレーラーなどの大型車の場合は、右折直前まで視界を遮られているために対向車に気づきにくく、同様の理由で信号の確認も困難であることが多い。

直進車が二輪車の場合にはより顕著であり、事故の件数も多い[1]。二輪車は車幅が小さいために速度を遅く見誤られることが多いほか、小さな車格から四輪車の死角に入りやすい。そのため速度感を見誤った右折車が無理に右折を始めてしまったり、対向車の影から出てきた二輪車と衝突してしまう[1]。そのため巻き込み事故と並んで二輪車における代表的な事故として知られている。

中でも、直進車が右折車に進路を譲ったとき、直進車の左方から飛び出してきた二輪車と右折車が衝突する事故はサンキュー事故と呼ばれる[2]。道を譲ってくれたという安心感が生まれることで右折者側に油断が生じること、すぐに右折しないと道を譲ってくれた対向車に迷惑がかかることで、安全確認が疎かになることで、事故が発生しやすくなるとされる[2]

対策編集

右折車は、慎重さと余裕をもって右折する。大型車の後ろなど視界が悪い状態での右折など少しでも不安があるときは右折をやめるくらいの慎重さが求められる。

直進車は、交差点を直進するときは右折車の動向に気を配る。直進車優先という意識を捨て、右折車が右折を始めることも想定しながら速度を落とすこと。さらに右折車に道を譲る前に左側の二輪車を先に行かせることが重要である。

特に二輪車で交差点を直進しようとするときは、自分が対向右折車に見落とされている可能性を想定することである。特に先行車が右折待ちをし左側を追い越す場合、対向右折車からは先行車の陰に隠れて見えないことがあるので、徐行して視界が十分開けるまでは加速しないことが重要である。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 右直事故”. 交通事故の法的基礎知識. 全国交通事故弁護団. 2019年6月15日閲覧。
  2. ^ a b 吉田伸一『右直事故発生における人的要因の分析』(レポート)、交通事故総合分析センター、2008年。