メインメニューを開く

司馬 錯(しば さく、生没年不詳)は、中国戦国時代の将軍。長平の戦いで白起の副将を務めた司馬靳の祖父、前漢の史家司馬遷の八世の祖。恵文王武王昭襄王の3代に仕えた。の併合と経営に尽力し、またとの戦いで功績を挙げ、秦の勢力拡大に貢献した。

経歴編集

紀元前316年、蜀で内乱が起き、またが攻めてきた。恵文王は対応を決めかねたので、張儀と司馬錯に意見を述べさせた。張儀は「征蜀に利益はない。韓を討った上でそのままを脅迫し、天下に号令をかけるべきである」と主張した。これに対し、司馬錯は「秦はまだ弱いので、先ずは広大な蜀を手に入れて国力の増強を図るべきである」と主張し、併せて周を脅迫することの不利益を述べた。恵文王は、司馬錯の意見を採用し、司馬錯が蜀を攻め滅ぼした。これにより、秦は、国土が広がり、また楚に対しては背後をとる形になって優位に立った。

紀元前311年、楚を討ち、商・於を取った。

紀元前310年、蜀の国相陳壮が謀反を起こして蜀侯通を殺したので、甘茂・張儀と共にこれを鎮圧した。

紀元前301年蜀侯惲(恵文王の子)が謀反を起こしたので、これを鎮圧した。

紀元前291年、魏を討ち、軹・鄧を取った。また、白起と共に垣の城を落とした。

紀元前289年、魏を討ち、垣・河雍・決橋を取った。

紀元前286年、魏の河内を攻め、魏は安邑を秦に献じた。

紀元前280年、隴西から兵を出して蜀に出て楚を討ち、黔中を取った。また、罪人を赦して南陽に移した。

参考文献編集

関連項目編集