メインメニューを開く

吉冨 博子(よしとみ ひろこ、1983年12月26日 - )は日本の女子陸上競技長距離走マラソン)選手。佐賀県佐賀市出身。メモリード所属。

目次

経歴編集

兄の影響で鹿島実業高校で陸上を始め、卒業後の2002年から実業団のサニックス陸上部に所属。駅伝を中心に競技を行っていたが故障のため2年で退部。その後2006年に監督の重松森雄の呼びかけで復帰したが、半年後の2007年に陸上部が廃部。重松の紹介で結婚・出産により一旦競技を引退後、市民ランナーとしてマラソン復帰を目指していた小鴨由水(重松が監督を務めていた岩田屋陸上部に所属していた)の練習パートナーとしてトレーニングを重ね、さらに小鴨と重松が立ち上げた福岡県のクラブチーム「ファーストドリームAC」の佐賀チームを作り練習を継続した。[1]

花卉農家を営む実家を手伝いながら地元開催のさが桜マラソンをハーフマラソン時代を含み6度優勝するなど市民マラソンを中心に多くの大会に出場。また都道府県対抗女子駅伝などへも佐賀県代表チームの一員として出場しており、2009年には2区で小林祐梨子に次ぐ区間2位・13人抜きの活躍を見せた[2]2016年に重松の紹介で前年結成されたメモリードの女子陸上部に所属し実業団登録選手に復帰した。

30代になってもフルマラソンの大会記録を次々と塗り替えており、2017年度はランニングの普及・発展に取り組むアールビーズスポーツ財団(東京)の「マラソンチャレンジカップ(MCC)」に参加する33の市民マラソン大会で、唯一複数の大会新記録をたたき出した[3]

評価編集

大会のレベルを問わず短いスパンで多数のレースに出場することから、市民ランナーから川内優輝になぞらえ「女川内」と呼ばれている[4]。また、その川内からは「(2018年)11月だけで(フルマラソンを)3本走り、そのうちの1本が自己ベスト。また3日間で2回フルマラソンに出て、どっちも3位以内と尋常じゃない。2時間30分台での連戦。規格外です」「私よりおかしい」と評された[5]

主な大会成績編集

  • 自己最高記録…マラソン:2時間30分09秒、5000メートル:16分00秒
年月 大会名 タイム 順位 備考
2007.4 さが桜マラソン 1:20:24 優勝 ハーフマラソン
2008.4 さが桜マラソン 1:23:25 優勝 ハーフマラソン
2010.4 さが桜マラソン 1:21:26 優勝 ハーフマラソン
2010.12 防府読売マラソン 2:38:01 優勝
2011.4 さが桜マラソン 1:16:22 優勝 ハーフマラソン
2012.2 鹿島祐徳ロードレース大会 1:12:35 優勝 ハーフマラソン
2012.4 さが桜マラソン 1:13:18 優勝 ハーフマラソン
2013.2 東京マラソン 2:31:28 10位
2013.4 さが桜マラソン 2:36:20 優勝
2015.11 福岡マラソン 2:43:03 優勝
2016.2 別府大分毎日マラソン 2:45:07 優勝
2016.8 北海道マラソン 2:45:18 6位 これよりメモリード所属
2017.1 大阪国際女子マラソン 2:38:32 25位
2017.2 東京マラソン 2:35:11 9位 日本人4位
2017.3 名古屋ウィメンズマラソン 2:32:12 13位 日本人10位
2017.3 さが桜マラソン 2:41:07 優勝 [6]
2017.11 福岡マラソン 2:37:10 優勝
2017.12 ホノルルマラソン 2:40:13 5位 日本人1位[7]
2018.2 別府大分毎日マラソン 2:33:00 優勝 [8]
2018.2 東京マラソン 2:30:16 6位 日本人1位[9]
2018.3 さが桜マラソン 2:33:57 優勝 [10]
2018.4 ボストンマラソン 2:48:29 10位 日本人1位[[11]
2018.11 福岡マラソン 2:30:09 優勝 自己ベスト
2018.11 大阪マラソン 2:34:38 3位
2018.12 さいたま国際マラソン 2:34:47 8位 日本人5位

脚注編集

  1. ^ 聞き書きシリーズ『人生走快』<53>12歳下のパートナー 西日本新聞 - 2018年6月4日
  2. ^ 13人抜きに笑顔京都新聞 - 2009年1月12日
  3. ^ 遅咲きランナー吉冨博子選手、好記録次々佐賀新聞 - 2018年5月6日
  4. ^ 吉冨さん3度目V 福岡マラソン女子西日本新聞 - 2018年11月12日
  5. ^ 川内優輝「私でもビックリ」吉冨博子は中1日で走る日刊スポーツ - 2018年12月8日
  6. ^ 1万人が快走 さが桜マラソン2017佐賀新聞 - 2017年03月20日
  7. ^ 日本女子最高は実家の農業手伝う吉冨博子の5位日刊スポーツ - 2017年12月11日
  8. ^ 別府大分毎日マラソン・上位成績”. サンケイスポーツ (2018年2月5日). 2018年12月8日閲覧。
  9. ^ 吉富、日本人女子トップ 東京マラソン佐賀新聞 - 2018年02月26日
  10. ^ 女子フルマラソン 吉冨、大会新で2連覇佐賀新聞 - 2018年03月19日
  11. ^ 川内、雨風味方に大逆転 ボストン・マラソンV東京新聞 - 2018年04月17日

外部リンク編集