メインメニューを開く

吉川 五明(きっかわ ごめい、享保16年(1731年)〜享和3年10月26日1803年12月9日))は江戸時代中期の俳人[1]出羽国久保田藩久保田城下町(現、秋田市)の町人で、仙台藩白石岩間乙二庄内藩酒田常世田長翠南部藩盛岡小野素郷とともに「奥羽四天王」と称せられ、名は全国に知られた[1][2]。秋田蕉風俳諧の祖とされる[1]

人物・略歴編集

久保田藩(現、秋田県)の久保田城下町茶町菊之丁(現、秋田市大町三丁目)の豪商那波三郎右衛門裕祥の五男として生まれた[1][2]。幼名は伊五郎、長じて通称を庄九郎、宗七郎と改め、本名()は兄之(しげゆき)、のち裕之、は了阿。初号は鼠阿、別号は小夜庵、了閑亭、虫二房、鶴頭舅など[1][2]。18歳で同じ町内の商人吉川惣右衛門吉品の養子となり、茶紙業を営んだ[1][2]。屋号は片屋である[2]

父の影響で幼少のときから俳諧に親しみ、美濃派や与謝蕪村を学んだが、23歳ころから蕉風俳諧を志した[1][2]。「五明」の俳号を用いたのは宝暦12年(1762年)からで、久保田藩主佐竹氏家紋「扇に月」にちなむ[2][注釈 1]明和年間(1764年1772年)以降、俳名が周囲に聞こえるようになった[1]

天明2年(1782年)、52歳で隠居し、家督を子息に譲り、川尻村上野(現、秋田市)に小夜庵を結んで内外の著名な俳人とまじわり、門弟は数百名におよんだ[1][2]。北国の風土をうたいこめた句にすぐれたものが多い[2]。子の春朝、孫の宣大も俳人として知られた[2]

代表的な句編集

  • 降る中へ 降りこむ音や 小夜しぐれ
  • 流れきて 氷を砕く 氷哉
  • 濡れ雪の まぶたに重し 戻り馬

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 五明」とは、を指す漢語三皇五帝のひとりが作ったとされる五明扇を源とする扇の異称、または五明扇の略称。

出典編集

参考文献編集

  • 井上隆明「吉川五明」『秋田大百科事典』秋田魁新報社、1981年9月。ISBN 4-87020-007-4
  • 加藤定彦『日本歴史人物事典』朝日新聞社、1994年11月。ISBN 4-02-340052-1

関連項目編集

外部リンク編集