吉川 就紀(きっかわ なりのり、元和8年10月19日1622年11月21日) - 寛永20年6月6日1643年7月21日))は、江戸時代前期の岩国領吉川氏一門。幼名は千若。父は吉川広正。母は毛利輝元の娘・竹姫。兄に広嘉、姉妹に徳大寺公信室、右田毛利就信室、大野毛利就詮室がいる。通称・主膳。

吉川広正の次男として生まれる。寛永7年(1630年)に上京し、将軍徳川家光やその父秀忠に拝謁する。兄の帰郷に伴い人質役を交代した。江戸滞在中に元服し、毛利宗家の当主である毛利秀就から偏諱を受け就紀と名乗った。

寛永20年(1643年)6月6日、滞在先の江戸で夭折した。享年21。