吉村 元男(よしむら もとお、1937年11月6日[1] - )は、日本の造園家環境デザイナー。元鳥取環境大学環境情報学部環境デザイン学科教授環境学者。地域ネットワーク会議代表。NPO鳥取エコタウン2020理事長。京都市出身。同じく鳥取環境大学の教授で、京大農学部出身者は、三野徹福島義宏がいる。

経歴編集

京都市出身。1960年京都大学農学部林学科(造園学講座)卒業後、京都の造園家・井上卓之の元で修行する。1967年からAIN造園事務所で大阪万国博覧会会場計画に参加。1968年環境事業計画研究所を設立、所長となる。2000年鳥取環境大学教授。1984年、鎮守の森保存修景研究で、第11回環境賞優良賞。2000年日本公園緑地協会北村徳太郎賞受賞。2008年鳥取環境大学を定年退職。

主な作品等編集

 
京都市歴史資料館・京都市上京区

著書編集

  • 『空間の生態学』小学館 100万人の創造選書 1976
  • 『都市に生きる方途 応用生態学の構想』日本放送出版協会 NHKブックス 1977
  • 『クックの小屋はごみテレビ』文研出版 文研科学の読み物 1980
  • 『水辺の計画と設計』芝原幸夫共著 鹿島出版会 1985
  • 『都市は野生でよみがえる 花と緑の都市戦略』学芸出版社 1986
  • 『エコハビタ 環境創造の都市』学芸出版社 1993
  • 『ランドスケープデザイン 野生のコスモロジーと共生する風景の創造』鹿島出版会 1995
  • 『風景のコスモロジー』鹿島出版会 SD選書 1997
  • 『地域発・ゼロエミッション 廃棄物ゼロの循環型まちづくり』学芸出版社 2000
  • 『森が都市を変える 野生のランドスケープデザイン』学芸出版社 2004
  • 『地域油田 環節都市が開く未来』鹿島出版会 2009
  • 『吉村元男の「景」と「いのちの詩」』京都通信社 シリーズ人と風と景と 2013

その他編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987
  2. ^ 梅田スカイビルに緑の壁…安藤忠雄さん発案 読売新聞 2013年6月18日
  3. ^ 安藤忠雄さん発案「希望の壁」巡り、著作権論争 読売新聞 2013年6月17日