メインメニューを開く

吉村 圭司(よしむら けいじ、1972年5月31日 - )は、日本中央競馬会(JRA)・栗東トレーニングセンターに所属する調教師熊本県出身[1]

吉村圭司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県
生年月日 (1972-05-31) 1972年5月31日(47歳)
所属団体 JRA
初免許年 2012年
経歴
所属 栗東T.C.
テンプレートを表示

来歴編集

父は荒尾競馬の元調教師で、競馬が身近にある環境で育つ。中学卒業時に競馬学校騎手課程に合格したが、体重調整に失敗して入学辞退を余儀なくされた。その後は地方競馬厩務員登録を行い、父の厩舎で持ち乗り厩務員として働く傍ら、荒尾市内の定時制高校に4年間通った。高校卒業後は北海道坂東牧場に約1年半勤務する[2]

1996年1月にJRA競馬学校厩務員課程に入学。同年7月から栗東・飯田明弘厩舎の厩務員となり、同年12月からは調教助手を務めた。2004年3月からは栗東・池江泰寿厩舎の調教助手となる[1]。池江厩舎時代にはドリームジャーニーオルフェーヴル兄弟の調教に携わる[2]2010年12月に調教師試験に合格し[3]。合格後は1年間池江厩舎に技術調教師として所属し、オルフェーヴルの三冠達成を目の当たりにする。2012年3月に厩舎を開業し、3月24日の阪神1Rを池江厩舎から譲り受けたポップアイコンで勝利し、JRA初勝利を挙げる[4]

2015年フィリーズレビュークイーンズリングで勝利し、重賞初制覇。同馬は2016年エリザベス女王杯も制し、厩舎に初のGI制覇の栄冠をもたらした[5]

調教師成績編集

概要編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2012年3月10日 1回阪神5日7R 4歳上500万下 ペプチドサファイア 16頭 15 15着
初勝利 2012年3月24日 2回阪神1日1R 3歳未勝利 ポップアイコン 16頭 1 1着
重賞初出走 2012年7月8日 2回中京4日11R プロキオンステークス インオラリオ 16頭 5 12着
重賞初勝利 2015年3月15日 1回阪神6日11R フィリーズレビュー クイーンズリング 18 1 1着
GI初出走 2013年5月26日 2回東京12日10R 東京優駿 ペプチドアマゾン 18頭 13 4着
GI初勝利 2016年11月13日 5回京都4日11R エリザベス女王杯 クイーンズリング 15頭 3 1着

年度別成績編集

吉村圭司の年度別成績(netkeiba.com)を参照

主な管理馬編集

脚注編集

  1. ^ a b JRAホームページ「調教師名鑑」(2018年7月24日閲覧)
  2. ^ a b 【吉村圭司調教師】2012年度、栗東の新規開業調教師. 競馬ラボ(2012年4月15日付). 2018年7月24日閲覧
  3. ^ 小野次郎ら7人が23年度調教師試験に合格. スポーツニッポン(2010年12月10日付). 2018年7月24日閲覧
  4. ^ 【吉村圭司調教師】2012年度、栗東の新規開業調教師(後半). 競馬ラボ(2012年4月15日付). 2018年7月24日閲覧
  5. ^ 抽出|吉村圭司の調教師成績|競馬データベース. netkeiba.com. 2018年7月24日閲覧

関連項目編集