吉森 みき男(よしもり みきお、本名:吉森 三喜男、1942年3月12日 - )は、日本漫画家。別表記に吉森みきを吉森みきお

略歴編集

東京都文京区出身。中学生の頃、落語家に憧れるが両親の反対に遭い断念。漫画家を目指し高校に通いながら内野純緒のアシスタントを務める。

中央大学文学部卒業後の1965年、「5つめの宝石」(『別冊マーガレット』、集英社)で漫画家デビュー。しばらくは少女漫画をメインに執筆していたが、1972年より「連勝野郎」(週刊少年ジャンプ連載)で少年漫画家に転身。

1977年より代表作となる「ライパチくん」を読売新聞日曜版に連載した。

作品リスト編集

外部リンク編集