メインメニューを開く

吉田 伊三郎(よしだ いさぶろう、1878年明治11年)1月21日[1]1933年昭和8年)4月23日[2])は、日本外交官。駐トルコ大使

目次

経歴編集

京都府出身。1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、外交官及領事官試験に合格した[1]。領事官補、外交官補、大使館三等書記官、同二等書記官、同一等書記官、同参事官を歴任した[1]。駐スイス公使を務めた後、1930年(昭和5年)、駐トルコ大使に任命された[1]。在職中にアンカラで死去[2]

栄典・授章・授賞編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 大衆人事録 1930.
  2. ^ a b 外務省報第二百七十五号(昭和八年五月十五日)』 アジア歴史資料センター Ref.B13091686000 
  3. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。

参考文献編集

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年。