メインメニューを開く

加藤 陽子(かとう ようこ、1960年10月 - )は、日本の歴史学者東京大学教授。専攻は日本近現代史[1]博士(文学)。戸籍名は野島陽子だが、論文等では旧姓の加藤に統一している。『文藝春秋』をはじめとする逐次刊行物への寄稿も多い。新しいものはウェブサイトで公開している。埼玉県大宮市出身。

目次

略歴編集

関係者・主張編集

大学院では、伊藤隆の指導を受ける。福田和也と対談や座談会を共にすることが多い。

保守的歴史学者の重鎮である師匠の伊藤隆とは正反対の政治的スタンスで、安倍晋三首相の歴史認識を批判し[2][3]特定秘密保護法に反対し[4][5]、「安倍政権を特に危険だ」とみなして集団的自衛権に反対する「立憲デモクラシーの会」呼びかけ人となっている[6]

著書編集

単著編集

共著編集

共編著編集

訳書編集

  • 川島真・高光佳絵・千葉功・古市大輔)ルイーズ・ヤング著『総動員帝国――満洲と戦時帝国主義の文化』(岩波書店, 2001年)

脚注・出典編集

外部リンク編集