メインメニューを開く
吉田庸徳(慶応4年(1868年)、下岡蓮杖撮影)

吉田 庸徳(よしだ ようとく、弘化元年(1844年) - 明治13年(1880年)は幕末期の忍藩士。

忍藩士吉田八十五郎の元で生まれる。忍藩の田中算翁から数学を、芳川春涛から英語を学んだ。その後、江戸で大鳥圭介に洋学を学ぶ。文久元年(1861年)に、忍藩藩校培根堂教授となった。維新後、上京し、本所に学校設立を計画するも、1880年、病死。