吉田弘明

日本の政治家

吉田 弘明(よしだ ひろあき、1961年2月8日 - )は、日本政治家。元奈良県香芝市(2期)。

吉田 弘明
よしだ ひろあき
生年月日 (1961-02-08) 1961年2月8日(59歳)
出生地 日本の旗 大阪府八尾市
出身校 大阪明星高等学校
近畿大学法学部
大阪市立大学大学院創造都市研究科
前職 西武百貨店従業員
所属政党 無所属
公式サイト 吉田ひろあき 後援会 公式サイト

当選回数 2回
在任期間 2012年6月3日 - 2020年6月2日
テンプレートを表示

来歴編集

大阪府八尾市出身[1]1979年(昭和54年)3月、大阪明星高等学校卒業。1983年(昭和58年)3月、近畿大学法学部卒業。同年4月、西武百貨店に就職。その後ユー・エス・ジェイ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)へと進み、企業の創業や国際商業ビジネス、大型プロジェクトの重責を担う。2008年(平成20年)2月、中部国際空港株式会社の商業事業部長として経営に深く参画。[2]業界屈指の企業からのヘッドハンティングを経ながら小売業(リテールビジネス)のスペシャリストとしての経歴を持つ。

2012年(平成24年)5月20日、奈良県香芝市長選挙にみんなの党の推薦を受け、「市民満足度の向上と経営視点による市政」を公約に掲げて出馬。自由民主党の推薦を受けた無所属の川田裕、日本共産党の推薦を受けた無所属の中井政友ら2人の候補者を破り、現役の民間企業出身の市長として初当選[3]。得票数は、吉田:10,285票、川田:9,603票、中井:3,118票。投票率は、40.60%。同年6月、市長に就任。

2016年(平成28年)5月16日告示の香芝市長選挙で無投票再選。[4]

2020年(令和2年)5月24日投開票の同選挙に自民党の推薦を受けて立候補したが、元市議の福岡憲宏に小差で敗れ落選(福岡:13,632票、吉田:13,156票)[5]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

先代:
梅田善久
  奈良県香芝市
2012年 - 2020年
次代:
福岡憲宏