吉田 弥平(よしだ やへい、明治2年1月3日1869年2月13日) - 昭和12年(1937年11月23日)は、日本教育者。号は太古

吉田弥平
吉田弥平

経歴編集

常陸国河内郡柏田村(現在の茨城県牛久市)出身。町田清七の長男として生まれ、吉田賢輔・たきの養子となった[1][2]1885年明治18年)、茨城県師範学校小学中等師範学科を卒業し、翌年に同小学高等師範学科を卒業した。小学校訓導を務めた後、1894年(明治27年)に東京高等師範学校文学科を卒業。兵庫県尋常師範学校教諭・訓導を務めた後、東京高等師範学校助教諭・訓導、同教諭、同教授を歴任し、多くの国語教科書編纂にあたった。1932年(昭和7年)に退官した後は、藤田幽谷の全集の刊行に取り組んだ。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 人事興信所編『人事興信録 第10版(下)』人事興信所、1934年。
  2. ^ 『代表的人物及事業』時事通信社、1913年、学術界59p。

参考文献編集