メインメニューを開く
吉田賢輔(竹里)

吉田 賢輔(よしだ けんすけ、1838年天保9年) - 1893年明治26年)10月19日)は、幕末の儒者、幕臣、慶應義塾長。明治期の官僚、教育者、啓蒙者。名は彦信竹里と号し、賢輔は通称である。

目次

経歴編集

武蔵国江戸生まれ。

田辺石庵について程朱の学を修めた後、古賀茶渓に師事した。

万延元年(1860年)12月に蕃書調所筆記方出仕となり取締を兼任。蘭英書の翻訳をすることとなる。海外の新聞を口訳するのを筆記方が筆記したのちに出版したが、これが日本における新聞の始まりといわれている。

文久2年(1862年)、外国奉行支配書記、慶応元年同支配調役並、同3年儒者勤方に任ぜられた。ここで、幕府外国奉行支配調役同僚の福澤諭吉と懇意になり、『西洋旅案内』などの著書に助力。福沢の弟子・小幡甚三郎の訳書『西洋学校規範』の校正も務める。「窮理」の別名となった「物理」という名を始めて冠したとされる『物理訓蒙』など多くの啓蒙書を執筆。

明治維新後は福澤諭吉を助け、創世記の慶應義塾の教授に就任。この頃の慶應義塾は福沢、小幡篤次郎、吉田の3名が塾長兼教授の最も高い地位にあったとされ、上杉麻布邸で平田東助内村良蔵曽根俊虎米沢藩甘糟継成などを教える。

慶応4年(1868年)に『慶應義塾』を立ち上げるにあたって、福沢の盟友として指導的な役割を果たした人物である。

この他、尺振八須藤時一郎らと共立学舎を創立し英学指導をし、大蔵省で『大日本貨幣史』を表し、文部省で『日本教育史』『初学読本』の編修に参画。後に気象学に関する翻訳もした。

1893年(明治26年)10月19日死去。行年56歳。東京青山の教学院に埋葬されている。

交友関係編集

主な著書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本開化小史』岩波文庫・昭和9年96頁に「吉田賢輔先生曰く…」とある。
  2. ^ 福沢諭吉事典
  3. ^ 古賀謹一郎 万民の為、有益の芸事御開

参考文献編集

  • 日蘭学会『洋学史事典』雄松堂〈叢書〉、1984年。
  • 小野寺龍太『古賀謹一郎 万民の為、有益の芸事御開』、2006年。ISBN 978-4-62-304648-5
  • 福沢輸吉事典編集委員会『福沢諭吉事典』、2011年。ISBN 978-4-76-641800-2

外部リンク編集