メインメニューを開く

吉田 賢抗(よしだ けんこう、1900年 - 1995年4月28日[1])は、漢文学者。

吉田 賢抗
(よしだ けんこう)
生誕 1900年
愛知県名古屋市
死没 (1995-04-28) 1995年4月28日(90歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 漢文学
研究機関 東北大学 東北工業大学 桜美林大学
出身校 東京帝国大学文学部
署名
吉田賢抗先生落款
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

人物編集

名古屋生まれ。第八高等学校卒、東京帝国大学文学部支那哲学科卒。

松本高等学校教授、第二高等学校教授、戦後東北大学教養部教授[2]、 1961年「北宋における心性論の研究 契嵩王安石を中心として」で東洋大学文学博士

1964年東北大を定年退官、名誉教授、東北工業大学教授、名誉教授、桜美林大学教授[3]

著書・編著編集

  • 『支那思想史概説』明治書院 1943
  • 『中国思想史』明治書院 1947
  • 『漢文の整理 大学受験本位』旺文社 1953
  • 孟子 漢文学習叢書』旺文社 1954
  • 『経子精粋』編 明治書院 1954
  • 『漢文の解釈 入門から完成まで』明治書院 1958
  • 新釈漢文大系 第1巻 論語』明治書院 1960
  • 『論語のことば 人間主義の人生観』中国の知恵 黎明書房 1965
  • 『明解論語』明治書院 1967
  • 『新釈漢和辞典』編 明治書院 1969
  • 『新釈漢文大系 38-39 史記(本紀)』明治書院 1973
  • 『新釈漢文大系 85-87 史記(世家)』明治書院 1977-82
  • 『古語名言現代を斬る』宝文堂出版販売 1984
  • 『新釈漢文大系 41 史記四(八書)』明治書院 1995
  • 『論語』加藤道理編 明治書院 新書漢文大系 1996 - 以下は新書判での抜粋版
  • 『史記<本紀>』瀧康秀編 明治書院 新書漢文大系 2003
  • 『史記<世家>』瀧康秀編 明治書院 新書漢文大系 2006

共編編集

論文編集

編集

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『論語のことば』著者紹介
  3. ^ 「あの頃の工大」東北工業大学