名鉄ワ100形貨車(めいてつワ100がたかしゃ)とは、かつて名古屋鉄道で運用されていた木造貨車有蓋車)である。

名鉄ワ100形貨車
基本情報
車種 有蓋車
運用者 名古屋鉄道
所有者 名古屋鉄道
改造年 1941年昭和16年)
改造数 12両
消滅 1968年(昭和43年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 6,325 mm
全幅 2,616 mm
全高 3,236 mm
荷重 10 t
自重 7.11 t
換算両数 積車 1.2→1.4
換算両数 空車 0.6
軸距 3,048 mm
テンプレートを表示

概要編集

  • 元は1927年昭和2年)から1928年(昭和3年)に日本車輌製造で製造された愛知電気鉄道の10 t 積木造有蓋車ワ100形(ワ100 - ワ111)である。12両が製造された。製造時より空気制動を設置しており、国鉄直通貨車として運用される。1935年(昭和10年)に名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併し名古屋鉄道が発足すると、全車が名古屋鉄道に引き継がれる。1941年(昭和16年)にワ100形(ワ101 - ワ112)に改番し、同年に2両(ワ111・ワ112)が上毛電気鉄道へ譲渡している。
  • 戦後は東部線三河線で運用された。三河線で運用されていた1両(ワ101)は更新により車体を鋼体化している。
  • 国鉄の貨物列車の速度がヨンサントオダイヤ改正により75 km/hに引き上げられるのに伴い、ワ100形はその条件に対応できなかったこともあり、1968年(昭和43年)に形式消滅となった。

脚注編集


参考文献編集

  • 清水武・田中義人・澤内一晃 『名古屋鉄道の貨物輸送』フォトパブリッシング、2021年。ISBN 978-4-8021-3270-1