名鉄ワ400形貨車(めいてつワ400がたかしゃ)とは、かつて名古屋鉄道で運用されていた木造貨車有蓋車)である。

名鉄ワ400形貨車
基本情報
車種 有蓋車
運用者 名古屋鉄道
所有者 名古屋鉄道
改造年 1941年昭和16年)
改造数 17両
消滅 1968年(昭和43年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 6,325 mm
全幅 2,311 mm
全高 3,429 mm
荷重 10 t
実容積 24.67 m3 - 27.81 m3
自重 6.3 t - 6.41 t
換算両数 積車 1.4
換算両数 空車 0.6
軸距 3,000 mm
備考 要目はワ401 - ワ412のもの
テンプレートを表示

尾西鉄道が既存の有蓋車を改造し、国鉄直通貨車の10 t 積有蓋車としたものである。ここではワ400形の以前に試験的に改造されたワ240形についても記述する。

概要編集

  • ワ400形は、1924年大正13年)に尾西鉄道が、既存の有蓋車を国鉄直通貨車として運用するために車体更新、台枠、車軸の強化、扉の鋼板化の改造を行い、10 t 積有蓋車としたワ400形(ワ401 - ワ412)である。1925年(大正14年)に尾西鉄道が鉄道事業を名古屋鉄道(初代)に譲渡すると改造は名鉄に引き継がれ、1926年昭和元年)までに5両(ワ413 - ワ417)が追加改造され、総数は17両となる。種車となった有蓋車は1897年明治30年)から1911年(明治44年)に製造された車両であり、製造会社もまちまちであった。1937年(昭和12年)に軸距を3,000 mmに改造を行っている。
  • ワ240形は1両のみ存在。1922年(大正11年)に尾西鉄道が既存の有蓋車ワ44(1899年(明治32年)日本車輌製造製)を試作的に改造。車体更新、台枠、車軸の変更、扉の鋼板化などを行い、国鉄直通貨車10 t 積有蓋車とした車両である。改造によりワ44からワ244に改番する。1941年(昭和16年)にワ240形(ワ241)に改番する。
  • ワ400とワ240は、尾西鉄道での明治時代の有蓋車の改造であるが、寸法はワ240の方が大きいなど詳細は異なる。またワ240は改造時に軸距が変更されたが、ワ400は改造時には軸距は変更されず、後に変更されている。
  • 戦後、ワ400は東部線及び西部線に、ワ240は西部線に配属され、国鉄直通貨車として運用されたが、空気制御が設置されていないことから昭和30年代後半には国鉄直通貨車から抹消され、社内専用貨車となる。ワ400は1968年(昭和43年)に、ワ240は1961年(昭和36年)に形式消滅した。

脚注編集


参考文献編集