メインメニューを開く
向井倭雄

向井 倭雄(むかい しずお、1872年7月31日明治5年6月26日[1]) - 1946年昭和21年)8月12日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会政友本党→立憲政友会)。

経歴編集

大分県下毛郡津民村(現在の中津市)出身で、幼時に長崎に移住した。愛媛県周桑郡長、警視庁警視・新宿警察署長[3]、長崎県対馬島司、京都市助役などを歴任した。

1920年(大正9年)の第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、当選回数は5回を数えた。その間、田中義一内閣逓信参与官を務めた。

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、8頁。
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ 『官報』第8262号、明治44年1月9日

参考文献編集

  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。