向氏 浦添殿内(しょううじ うらそえどぅんち)は、越来按司朝則(玉川御殿五世)を系祖とする琉球王国士族(首里士族)。王国末期に浦添間切(現・浦添市)の総地頭を務めた琉球王国の大名

系祖・朝則は、玉川御殿四世・読谷山按司朝宜の次男。朝則の娘・玉寄按司加那志は尚賢王妃となり、十一世朝慎の娘・聞得大君按司加那志も尚温王妃となった。十三世朝章、十四世朝昭はともに三司官を務めた。特に朝昭は王国最後の三司官首席として、琉球処分に苦慮しながらも、その引き継ぎ事務は処分官・松田道之も賛嘆せしめるほどの能吏であった。

系譜編集

 
十四世・浦添親方朝昭
  • 五世・越来按司朝則
  • 六世・摩文仁王子朝信
  • 七世・摩文仁按司朝景
  • 八世・摩文仁按司朝寄
  • 九世・国頭親方朝斉 (沖縄三十六歌仙の一。)
  • 十世・国頭親方朝衛
  • 十一世・国頭親方朝慎
  • 十二世・国頭親方朝用
  • 十三世・国吉親方朝章
  • 十四世・浦添親方朝昭
  • 十五世・浦添朝京
  • 十六世・浦添朝宣
  • 十七世・浦添朝敏
  • 十八世・浦添健(現当主)

※『氏集』には、浦添殿内の記載が欠落している。系譜は『沖縄県姓氏家系大辞典』 に拠る。

参考文献編集

  • 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会『沖縄県氏姓家系大辞典』角川書店、1992年(平成4年)。ISBN 978-4040024707
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017
  • 比嘉朝進『士族門中家譜』球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702

関連項目編集