メインメニューを開く
本来の表記は「向瑞琨」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

向 瑞琨(こう ずいこん)は清末民初の政治家・実業家・ジャーナリスト。北京政府の要人。淑予[2]。旧名は瑞琦[1]

向瑞琨
No image available.svg
プロフィール
出生: 1883年[1]
死去: 1929年民国18年)[1]
中華民国の旗 中華民国(国民政府)
出身地: 清の旗 湖南省長沙府寧郷県
職業: 政治家・実業家・ジャーナリスト
各種表記
繁体字 向瑞琨
簡体字 向瑞琨
拼音 Xiàng Ruìkūn
和名表記: こう ずいこん
発音転記: シアン ルイクン
ラテン字 Hsiang Jui-k'un
テンプレートを表示

事績編集

湖南時務学堂を卒業後、日本に留学し、明治大学商工科で学ぶ[3]。帰国後は、両江総督端方の下で商務文案に任命された。1910年宣統2年)、南洋勧業博覧会幇弁をつとめる。翌年に工商科挙人として農商部に赴任した。さらに漢口へ移り、新聞『復報』を編集した[2]

中華民国成立後は北京に移り、『亜東新報』、『東大陸報』の両紙で主筆をつとめる。さらに、湯化竜らと民主党を結成した。1912年民国元年)8月、北京政府の工商部次長に就任する。翌年7月には、段祺瑞臨時内閣で一時的に工商総長を代理した[2]

その後、向瑞琨は全国商会連合会の創設に携わり、副会長に任じられる。まもなく会長に昇格した。1915年(民国4年)、袁世凱が皇帝即位を画策すると、向瑞琨は帰郷する。以後、故郷において商工業の振興に取り組み、瑞興玻璃工廠の総理などを務めた[2]1929年(民国18年)、死去。享年47。

編集

  1. ^ a b c 寧郷県史志档案局(2011)。
  2. ^ a b c d 徐主編(2007)、390頁。
  3. ^ 徐主編(2007)、390頁による。寧郷県史志档案局(2011)は、「日本商科大学」卒業としているが、この大学は1935年開設であり、向が留学した当時は存在しない。単に「日本の商科大学」ということを意味している可能性もある。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 「向瑞琨」寧郷県档案信息網(寧郷県史志档案局ホームページ)、2011年6月27日
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
劉揆一
工商総長(代理)
1913年7月
次代:
張謇