張 謇(ちょう けん)は清末民初の政治家・実業家・教育家。字は季直、号は嗇庵

張謇
Zhang Jian.jpg
プロフィール
出生: 1853年7月1日咸豊3年5月25日)
死去: 1926年民国15年)8月24日
中華民国の旗 中華民国江蘇省南通県
出身地: 清の旗 江蘇省海門直隷庁常楽鎮
職業: 政治家・実業家
各種表記
繁体字 張謇
簡体字 张謇
拼音 Zhāng Jiǎn
注音二式 Jhāng Jiǎn
和名表記: ちょう けん
発音転記: ジャン ジエン
ラテン字 Chang Chien
テンプレートを表示

目次

概要編集

1853年江蘇省海門直隷庁常楽鎮(現・海門市常楽鎮)に生まれた[1][2]1894年、42歳で科挙制度最上位の状元となり翰林院修撰となった[3]1909年、江蘇諮議局[注釈 1]議長に推薦される。1912年宣統帝の退位詔書を起草し、中華民国臨時政府の実業総長となった。翌年に北京政府の工商総長と農林総長を兼任し、1914年には全国水利局総裁となった。

張謇は中国近代化の先駆者とされ、張之洞に請われ実業家としての道に入り、中国で盛宣懐とともに紡績工場を建設、劉坤一両江総督になってからも援助を受けた。政治的には立憲派の統一党に属し中国国民党と対立した。さらに教育の分野でも活動し、中国で最初の近代的な師範学校である南通師範学校[注釈 2]や、中国最初の民間博物館である南通博物苑を創設している。それ以外にも三江優級師範学堂や南京高等師範学校(現在の南京大学)の創設にも関わった。

1903年4月25日から6月6日までの約2ヶ月半[注釈 3]日本を訪問。長崎から北海道まで、学校・会社・博物館博覧会などを視察している[6]。とくに学校については、幼稚園から大学、各種実業学校師範学校専門学校など20箇所以上を訪問している。また、儒学者藤沢南岳朝日新聞記者西村天囚、同内藤湖南、朝日新聞社主村山龍平、朝日新聞社長上野理一三十四銀行頭取小山健三大阪商工会議所会頭土居通夫東京高等師範学校校長嘉納治五郎東亜同文会会員岸田吟香らと交わっている[7]

袁世凱は張謇に私淑しており、壬午事変のさいにどう対処すべきか尋ねて、張謇は『朝鮮善後六策』を作成して、日本に対する軍備防衛を早急に整えること、朝鮮の時代は中国の郡県(漢四郡)であり中国の一部だったため、李氏朝鮮を併合して中国領土にすべき、日本を攻撃して琉球を奪取すべきとする意見を上申した[8]

田保橋潔による大要は以下である[9]

  1. 漢四郡建置の例に従ひ、朝鮮国王を廃し、其地を清の一省とする。
  2. 朝鮮国王を存置するとしても、の例に従ひ、監国を置く。
  3. 有力なる軍隊を派遣して、其海港を清の監理の下に置く。
  4. 朝鮮の内政革新を断行する。

張謇は『朝鮮善後六策』において「あるいは内政の自己改革と新軍の訓練を、我が東三省とつらねて、一気と為す」と述べている。黄文雄によると、張謇が『朝鮮善後六策』において提案した、清の東三省に朝鮮省を含めて「東四省」にして、清が李氏朝鮮国王を廃止して監国にするという政策は、清以前にもあり、例えば朱元璋は李氏朝鮮を建国した李成桂に国王の地位を下賜しなかったのもその一例だという。中国人からすれば、朝鮮は漢の時代から中国の一部であり、例えば中国の歴代王朝の封国は、呉楚七国の乱が知られるが、朝鮮はそれよりもさらに一段下の外様大名程度としか見られておらず、中国人からすれば朝鮮をつくったのは中国人の箕子であり、したがって張謇の『朝鮮善後六策』のような考え方は、中国人の一般的な朝鮮史観だという。そして、朝鮮人も「朝鮮省」の設置を「小中華」から「大中華」へ昇格したと喜び、恩恵と謝恩を感じており、なかでも中国人になりたくてもなれなかった中国かぶれの両班にとっては願ってもない恩寵だったという[9]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1909年から1912年まで江蘇省に置かれた。諮議局は清末の立憲準備に伴って各省に開設された過渡期の地方議会。(以下略)[4]
  2. ^ 1902年、江蘇省通州(現南通市)に通州民立師範学校として設立された[5]
  3. ^ 閏5月を含む。清朝では時憲暦という太陰太陽暦を使用。

出典編集

  1. ^ 珍愛土地之人—張謇與特萊克 - 臺灣公論報
  2. ^ 南通海门常乐"匠心小镇"建设启动 彰显5大文化 - 人民网
  3. ^ 金海蓮 2006, p. 12/80.
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - コトバンク
  5. ^ 南通高等师范学校 - 百度百科
  6. ^ 土屋洋 2016, p. 4/21.
  7. ^ 土屋洋 2016, p. 6/21.
  8. ^ 岡崎久彦 『二十一世紀をいかに生き抜くか』 PHP研究所2012年6月21日ISBN 978-4569803890
  9. ^ a b 『韓国は日本人がつくった』 ワック〈WAC bunko〉、2005年、

参考文献編集


  
先代:
溥倫
農工商部大臣
1911-1912
次代:
(廃止)
   中華民国北京政府
先代:
羅振方
農林総長
1913年9月 - 12月
次代:
(工商部と合併し、
農商部に改組)
先代:
向瑞琨
工商総長
1913年9月 - 12月
次代:
(農林部と合併し、
農商部に改組)
先代:
(農林部と工商部が
合併、改組)
農商総長
1913年12月 - 1915年4月
次代:
周自斉