メインメニューを開く

君の心臓の鼓動が聞こえる場所(きみのしんぞうのこどうがきこえるばしょ)は、成井豊作の日本の小説、及びそれを原作とした舞台。前作『わたしの嫌いな私の声』より17年ぶりの長編小説で、2008年11月にポプラ社より発行された。

2008年演劇集団キャラメルボックスで舞台化された。

あらすじ編集

書誌情報編集

舞台編集

2008年に原作者が主宰している演劇集団キャラメルボックスで公演を行う。黒川智花の初舞台初主演作品である。

また、舞台映像を映画館でデジタル上映するLivespireという企画で、ソニーが制作・配給を行ない、2009年10月より全国主要都市の映画館で上映された。

公演概要編集

札幌公演編集

神戸公演編集

名古屋公演編集

東京公演編集

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集