君を探してた』(きみをさがしてた、原題:Koi... Mil Gaya)は、2003年に公開されたインドSF映画ラケーシュ・ローシャン英語版が監督を務め、彼の息子リティク・ローシャンが主役を務めている。ヒロイン役には当初アイシュワリヤー・ラーイが起用されることになっていたが、彼女が降板したためプリーティ・ジンタが起用された[3]。撮影はカソーリ英語版ナイニタール英語版ビムタル英語版カナダで行われ、2003年8月8日に公開された[4]

君を探してた
Koi... Mil Gaya
監督 ラケーシュ・ローシャン英語版
脚本 サチン・ボウミック
ラケーシュ・ローシャン
ハニー・イラニ英語版
ロビン・バット
原案 ラケーシュ・ローシャン
製作 ラケーシュ・ローシャン
出演者 レーカ英語版
リティク・ローシャン
音楽 ラジェシュ・ローシャン英語版
撮影 サミール・アーリヤ
ラヴィ・K・チャンドラン英語版
編集 サンジャイ・ヴァルマ
製作会社 フィルムクラフト・プロダクション
配給 世界の旗 ヤシュ・ラージ・フィルムズ
インドの旗 フィルムクラフト・プロダクション
公開 インドの旗 2003年8月8日
上映時間 166分
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
製作費 ₹300,000,000[1]
興行収入 ₹1,085,800,000[2]
次作 クリッシュ 仮面のヒーロー英語版
テンプレートを表示

本作はボリウッド初のSF映画と認識されている[5]。映画の成功により『クリッシュシリーズ英語版』は複数の続編・スピンオフが製作された[6]。『E.T.』の影響を強く受けていると指摘されているが、ラケーシュ・ローシャンは「『君を探してた』はインド版『E.T.』ではない」と否定している[7][8]

あらすじ編集

キャスト編集

評価編集

批評編集

Rotten Tomatoesには8件のレビューが寄せられ支持率75%、平均評価5.4/10となっている[9]

受賞編集

映画賞 部門 対象 結果
第51回ナショナル・フィルム・アワード英語版 その他の社会問題に関する最優秀映画賞 ラケーシュ・ローシャン[10] 受賞
最優秀振付賞英語版 ファラー・カーン(「Idhar Chala」)
最優秀特殊効果賞英語版 ビムニ・スペシャル・エフェクト・スタジオ
デジタル・アート・メディア
第49回フィルムフェア賞英語版 最優秀作品賞英語版 ラケーシュ・ローシャン
最優秀監督賞英語版
最優秀主演男優賞英語版 リティク・ローシャン
最優秀主演男優賞(批評家賞)英語版
最優秀振付賞英語版 ファラー・カーン(「Idhar Chala」)
スター・スクリーン・アワード 最優秀作品賞 ラケーシュ・ローシャン
最優秀監督賞
最優秀主演男優賞英語版 リティク・ローシャン
最優秀振付賞 ファラー・カーン(「Idhar Chala」)
最優秀特殊効果賞英語版 ビムニ・スペシャル・エフェクト・スタジオ
デジタル・アート・メディア
プロデューサーズ・ギルド・フィルム・アワード英語版 最優秀作品賞 ラケーシュ・ローシャン
最優秀監督賞
最優秀主演男優賞 リティク・ローシャン
最優秀特殊効果賞 ビムニ・スペシャル・エフェクト・スタジオ
デジタル・アート・メディア
第5回国際インド映画アカデミー賞英語版 最優秀監督賞英語版 ラケーシュ・ローシャン
最優秀主演男優賞英語版 リティク・ローシャン
最優秀ソング・レコーディング賞 サティーシュ・グプタ
最優秀サウンド・レコーディング賞 ジェーテンドラ・チャウダリー
最優秀特殊効果賞英語版 ビムニ・スペシャル・エフェクト・スタジオ
デジタル・アート・メディア
第10回国際インド映画アカデミー賞英語版 Director of the Decade ラケーシュ・ローシャン
ボリウッド映画賞英語版 最優秀主演男優賞 リティク・ローシャン
最優秀主演男優賞(批評家賞)
最優秀助演女優賞 レーカ
最優秀振付賞 ファラー・カーン
最優秀特殊効果賞 ビムニ・スペシャル・エフェクト・スタジオ
デジタル・アート・メディア
ジー・シネ・アワード 最優秀作品賞 ラケーシュ・ローシャン
最優秀監督賞
最優秀主演男優賞 リティク・ローシャン
女性スーパースター・オブ・ザ・イヤー プリーティ・ジンタ
最優秀振付賞 ガネーシュ・ヘーグデー英語版(「Its Magic」)
最優秀特殊効果賞 ビムニ・スペシャル・エフェクト・スタジオ
デジタル・アート・メディア

出典編集

  1. ^ “Koi...Mil Gaya to recover cost in first week”. The Times of India. (2003年8月6日). http://articles.economictimes.indiatimes.com/2003-08-06/news/27545106_1_rakesh-roshan-special-effects-box-office-collections 
  2. ^ Top Lifetime Grossers Worldwide”. Boxofficeindia.com. 2013年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月9日閲覧。
  3. ^ “You refused that film? | Latest News & Updates at Daily News & Analysis” (英語). dna. (2013年5月18日). http://www.dnaindia.com/entertainment/report-you-refused-that-film-1836348 2016年10月29日閲覧。 
  4. ^ Bollywood Movie Koi Mil Gaya Shooting Location” (英語). www.bollylocations.com. 2017年5月24日閲覧。
  5. ^ 'Koi Mil Gaya, India's first sci-fi film'”. www.rediff.com. 2018年8月18日閲覧。
  6. ^ Nick's Jadoo initiative is titled 'J Bole toh Jadoo'”. www.afaqs.com. 2018年8月18日閲覧。
  7. ^ Boyhood and the alien: E.T. and Koi Mil Gaya Archived 22 July 2012 at the Wayback Machine.
  8. ^ 'Koi... Mil Gaya is not an Indian E.T.'”. www.rediff.com. 2018年8月18日閲覧。
  9. ^ Koi... Mil Gaya (I Found Someone)”. Rotten Tomatoes. 2018年8月18日閲覧。
  10. ^ Munnabhai MBBS wins National Film Award”. Rediff.com (2004年8月14日). 2009年2月6日閲覧。

外部サイト編集