メインメニューを開く

君ヶ濱(きみがはま)は、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、比較的歴史は浅いが、その由来は定かではない。 現在の所有者は隠岐の海歩

君ヶ濱の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 武藏潟伊之助 前4 桐山部屋-待乳山部屋-君ヶ濱部屋 1862年11月-1890年8月(死去) 二枚鑑札
2代 志子ヶ嶽市五郎 十6 桐山部屋-佐野山部屋-君ヶ濱部屋 1890年8月-1916年2月(死去)
3代 大ノ川甚太郎 小結 君ヶ濱部屋-出羽海部屋 1917年1月-1月(死去) 二枚鑑札
4代 四海波太郎 小結 小野川部屋-出羽海部屋 1917年1月-1921年5月(廃業)
5代 達ノ矢源之助 前2 千賀ノ浦部屋-芝田山部屋-出羽海部屋 1922年5月-1945年11月(死去)
6代 國光鉄太郎 十2 楯山部屋/伊勢ヶ濱部屋 1948年10月-1962年9月(廃業)
7代 星甲良夫 前4 井筒部屋-双葉山道場/時津風部屋-井筒部屋 1964年5月-1965年11月 5代陸奥に名跡変更
8代 鶴ヶ嶺昭男 関脇 時津風部屋-井筒部屋 1967年7月-1977年12月 13代井筒に名跡変更
9代 千代櫻輝夫 前5 出羽海部屋-九重部屋 1978年5月-1979年3月(廃業) 借株
10代 北瀬海弘光 関脇 出羽海部屋-九重部屋 1979年5月-2013年7月(停年(定年)退職)
11代 寶千山幸勘 前14 中立部屋/境川部屋 2013年12月- 借株

関連項目編集