吹雪(ふぶき)は、強風で地表に積もった積雪)が舞い上がると同時に、雪が降っていて視程が悪くなっている気象状態[1]

概要編集

激しい吹雪が起こると、雪が視界を遮ったり太陽光が遮られたりし、見通しがきかなくなったり視野が真っ白となったりする。極端な場合には視界すべてが真っ白なホワイトアウトと呼ばれる状態になる。見通しがきかないので、自動車鉄道飛行機など交通機関の通行・運行に多大な影響が出る。吹雪が起こる地域ではこれを防ぐため、道路などの脇に防風林を設置して雪が道路上に舞い上がらないようにしているところもある。北海道などの寒冷地の鉄道では、線路上に雪が積もらないよう吹き飛ばすための防雪棚(雪垣)が線路脇に設置されている[2]

建築物や地形、積雪などの風下側では風がよどみ舞い上がった雪が堆積し、これを吹き溜まりと呼ぶ。気候条件によっては短時間に多量の雪が堆積することがあり、前述のホワイトアウト現象と共に起こることが多く、注意が必要である。

また、は晴れていても日照時間が短いことに加え、吹雪によって太陽光が遮られると、は遅くまで、夕方は早くから暗くなってしまう。

なお、風雪とは飛雪の有無に関わらず強風で雪が横なぐりに降っている気象状態をいう[1]

地吹雪編集

定義編集

 
地吹雪、2004年3月カナダにて
 
地吹雪の風を路面に当てることによって着雪を緩和する「吹き払い柵」(新潟県)

地吹雪は積雪の表面にある雪粒子が風で飛び跳ねながら移動する現象をいう[1]

地吹雪になった場合、地吹雪の発生地点から200m付近までは風食域で積雪深が増加するが、それより遠くなると平衡状態の平衡域となり、さらに350m以遠では堆雪域となる[1]

地吹雪は平野部や山間部に近い平地などの平坦部、または山間部で沢風や谷風の吹き上げる沢や谷に沿った地形で発生しやすい[1]

青森県五所川原市金木地区では、町おこしの一環として地吹雪体験ツアーが行われている。

天気記号編集

国際式天気図の天気記号では、以下の4種類が地吹雪を表す。吹雪の場合には、と考えてその状態を表す記号を用いる。

記号 番号 天気
  36 弱いまたは並の地吹雪(目の高さより低い)
  37 強い地吹雪(目の高さより低い)
  38 弱いまたは並の地吹雪(目の高さより高い)
  39 強い地吹雪(目の高さより高い)
 
地吹雪の天気記号(日本式)

日本式天気図の天気記号では、地吹雪により視程が1km未満になっているときに限り、天気が地吹雪とされる。吹雪の場合には降雪があることを優先するので雪とされる。ただし、雷を伴う場合は優先順位によって異なることがある。

ブリザード編集

ブリザードは、もともと北アメリカ大陸にあった方言で、風速が毎秒15メートル以上で視程400メートル以下の状態が3時間以上継続する気象状態をいうが、日本では猛吹雪や暴風雪の意味で使われることが多い[1]

南極の昭和基地においては視程1km未満、風速10m/s以上の状態が6時間以上続いたときをブリザードとしている。また、以下の基準でブリザードの規模を分類して外出制限などの基準としている。

  • A級ブリザード - 視程100m未満、風速25m/s以上、継続時間6時間以上
  • B級ブリザード - 視程1km未満、風速15m/s以上、継続時間12時間以上
  • C級ブリザード - 視程1km未満、風速10m/s以上、継続時間6時間以上

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 点検対象項目 全国地質調査業協会連合会、2020年1月4日閲覧。
  2. ^ 田村喜子 「雪垣」 『北海道開発土木研究所月報』 604号、2003年9月。ISSN 1346-6747NCID AA11549655全国書誌番号:00117208http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_8688667_po_00055090801.pdf?contentNo=12017年5月2日閲覧 

関連項目編集