メインメニューを開く
洞庭漁隠

呉 鎮(ご ちん、Wu Zhen、1280年8月12日至元17年7月16日) - 1354年至正14年))は、時代の文人画家。字は仲圭、号を梅花道人(梅道人)、梅花和尚。嘉興(現在の浙江省)の魏塘鎮出身。黄公望倪瓚王蒙と並ぶ元末四大家の一人で、元の山水画様式を確立した。

経歴編集

漢詩や書にも通じたが、終生仕官せず易卜や売画をしたり、村塾を開くなどしながら終生清貧と孤高の隠遁生活を楽しんだ。巨然の点描法を学び、墨竹は文同に学んだ。

著書編集

  • 明時代刊行の「梅花道人遺墨」がある。

その他編集

  • 元末四大家のうち、他の3人は互いに交流したが、呉鎮との間に交流はなかったようである。
  • 池大雅など日本の文人にも影響を与えた。

参考文献編集

  • 鈴木敬「中国絵画史」吉川弘文館