メインメニューを開く

沿革編集

1886年(明治19年)4月22日、「海軍条例」において全国に五つの海軍区を定め、各区の軍港に鎮守府を置くこととし[1]5月4日に第二海軍区(範囲「紀伊国南牟婁郡界ヨリ石見長門国界ニ至リ筑前遠賀宗像郡ヨリ九州東海岸ニ沿ヒ日向大隅国界ニ至ルノ海岸海面及四国ノ海面並内海」)を所管する鎮守府は呉港に置くことが定められた[2]。その後、用地買収、建築工事が進められ、1890年(明治23年)3月末までに建築工事の大部分が完成した。呉鎮守府の開庁は1889年(明治22年)7月1日付で告示がなされ[3]、開庁式は1890年4月21日、明治天皇臨席のもとに挙行された[4]。また「鎮守府官制」により、鎮守府の組織として参謀部・軍医部・主計部・造船部・兵器部・建築部・軍法会議・監獄署などを置いた。

1945年の終戦時に廃止され、1946年から1955年までは司令長官官舎などがイギリス連邦占領軍の総司令部として使用された。

1907年に完成した旧呉鎮守府庁舎(2代目)は、海上自衛隊呉地方隊が継承し、2019年現在も同総監部第1庁舎として利用されている。赤レンガの洋風建築である庁舎は[5]、現在も「呉鎮」(くれちん)という愛称で親しまれている。

年譜編集

歴代司令長官編集

  1. 真木長義(建築委員長)少将:1887年9月26日 -
  2. 中牟田倉之助 中将:1889年3月8日 -
  3. 有地品之允 中将:1892年12月12日 -
  4. 林清康 中将:1895年5月12日 -
  5. 井上良馨 中将:1896年2月26日 -
  6. 柴山矢八 中将:1900年5月20日 -
  7. 有馬新一 中将:1905年2月6日 -
  8. 山内万寿治 中将:1906年2月2日 - 1909年12月1日
  9. 加藤友三郎 中将:1909年12月1日 - 1913年12月1日
  10. 松本和 中将:1913年12月1日 - 1914年3月25日
  11. 吉松茂太郎 中将:1914年3月25日 - 1915年9月23日
  12. 伊地知季珍 中将:1915年9月23日 - 1916年12月1日
  13. 加藤定吉 中将:1916年12月1日 -
  14. 村上格一 大将:1919年12月1日 -
  15. 鈴木貫太郎 中将:1922年7月27日 -
  16. 竹下勇 大将:1924年1月27日 -
  17. 安保清種 中将:1925年4月15日 -
  18. 谷口尚真 中将:1926年12月10日 -
  19. 大谷幸四郎 中将:1928年12月10日 -
  20. 谷口尚真 大将:1929年11月11日 -
  21. 野村吉三郎 中将:1930年6月11日 -
  22. 山梨勝之進 中将:1931年12月1日 -
  23. 中村良三 中将:1932年12月1日 -
  24. 藤田尚徳 中将:1934年5月10日 -
  25. 加藤隆義 中将:1936年12月1日 -
  26. 嶋田繁太郎 中将:1938年11月15日 -
  27. 日比野正治 中将:1940年4月15日 -
  28. 豊田副武 大将:1941年9月18日 -
  29. 高橋伊望 中将:1942年11月10日 -
  30. 南雲忠一 中将:1943年6月21日 -
  31. 野村直邦 中将:1943年10月20日 -
  32. 沢本頼雄 大将:1944年7月17日 -
  33. 金沢正夫 中将:1945年5月1日 -
  34. (代)岡田為次 少将:1945年11月15日 - 11月30日

所属部隊編集

1941年12月10日 太平洋戦争開戦時編集

 大分海軍航空隊宇佐海軍航空隊博多海軍航空隊大村海軍航空隊

1942年7月14日 ミッドウェー海戦編集

  • 呉海兵団
  • 大竹海兵団
  • 呉潜水艦基地隊
  • 呉海軍港務部
  • 徳山海軍港務部
  • 呉海軍通信隊
  • 呉海軍航空隊
  • 佐伯海軍航空隊
  • 岩国海軍航空隊
  • 装甲巡洋艦:八雲磐手
  • 水雷艇:
  • 潜水母艦:長鯨
  • 第18潜水隊:伊153伊154伊155
  • 第19潜水隊:伊156伊157伊159伊158
  • 第6潜水隊:呂57、呂58、呂59
  • 呉海軍警備隊
  • 呉防備戦隊
    • 第25~27駆潜艇
    • 佐伯防備隊
    • 特設巡洋艦兼敷設艦:西貢丸盤谷丸
    • 第31、33、34掃海隊
    • 下関防備隊
  • 第20連合航空隊
 大分海軍航空隊、宇佐海軍航空隊、博多海軍航空隊、大村海軍航空隊
 徳島海軍航空隊小松島海軍航空隊

1944年4月1日 戦時編制制度改定後編集

 宇佐海軍航空隊、姫路海軍航空隊、博多海軍航空隊、大村海軍航空隊、出水海軍航空隊
 詫間海軍航空隊宮崎海軍航空隊鹿屋海軍航空隊第2美保海軍航空隊築上海軍航空隊

1945年3月1日 菊水作戦直前編集

 松山海軍航空隊宇和島海軍航空隊倉敷海軍航空隊浦戸海軍航空隊

最終時編集

  • 第81戦隊(呉):水井静治少将
  • 第2特攻戦隊(呉):長井満少将
    • 笠戸突撃隊
    • 平生突撃隊
    • 光突撃隊
    • 大神突撃隊:山田盛重大佐
    • 第81突撃隊(呉)
  • 第8特攻戦隊(呉):清田孝彦少将
    • 佐伯海軍航空隊:野村勝中佐
    • 第21突撃隊(宿毛)
    • 第23突撃隊(須崎)
    • 第24突撃隊(佐伯)
  • 呉潜水戦隊:市岡寿少将
  • 倉敷海軍航空隊森本丞少将
  • 呉海軍施設部:田中秀康技術大佐
    • 呉設営隊:田中秀康技術大佐
    • 第3111設営隊(岩国):小林健三郎技術少佐
    • 第3113設営隊(観音寺):木村成博技術大尉
    • 第3114設営隊(大分):沼田等技術少佐
    • 第3115設営隊(徳山):首藤安正技術大尉
    • 第3116設営隊(美袋):小森久技術大尉
    • 第3117設営隊(宿毛):諸富有海技術少佐
    • 第5110設営隊(佐伯):重松敦雄技術少佐
    • 第5111設営隊(岩国):小林健三郎技術大尉
    • 第5112設営隊(観音寺):木村成博技術大尉
    • 第5113設営隊(高知):島本茂技術大尉
    • 第5114設営隊(倉敷):飯敏夫技術少佐
    • 第5115設営隊(下関):信岡龍二技術大尉
    • 第5116設営隊(呉):杉江直巳技術中佐
    • 第5117設営隊(徳山):橘好茂技術少佐
    • 第5216設営隊(大牟田):織田文雄技術大尉
  • 呉海軍工廠妹尾知之中将

脚注編集

  1. ^ 明治19年4月26日官報第842号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ1 「◯勅語 勅令第二十四號 海軍條例 第六條 帝國ノ海岸及海面ヲ分チテ五海軍區トナスコト左ノ如シ」
  2. ^ a b 明治19年5月5日官報第850号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ1「◯勅語 勅令第三十九號 第二海軍區第三海軍區鎭守府ノ位置ヲ定ムルコト左ノ如シ但其府開廳マテハ橫須賀鎭守府ヲシテ第二第三海軍區ヲ管轄セシメ第四及第五海軍區鎭守府ノ位置ヲ定ムルマテハ其軍區ヲ橫須賀鎭守府ノ管轄トス 一 第二海軍區安藝國安藝郡吳港 一 第三海軍區肥前國東彼杵郡佐世保港」
  3. ^ a b 明治22年7月1日官報第1800号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ1「◯告示 海軍省告示第八號 吳鎭守府佐世保鎭守府本日開廳ス 明治二十二年七月一日 海軍大臣 伯爵西鄕從道」
  4. ^ 明治23年4月29日官報第2046号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ2 「◯宮廷錄事 ◯吳鎭守府臨御御摸樣 天皇陛下ハ本月二十一日午前九時三十分吳港碇泊ノ御召艦高千穗ヨリ御上陸直ニ鎭守府ヘ臨御便殿ニ於テ御休憩鎭守府高等官其他伺候ノ奏任官以上ヘ拜謁仰付ケラレ尋テ式場ヘ臨御司令長官ヨリ本府ノ起工ヨリ開廳ニ至ル顚末及將來ノ計畫ヲ奏上ス次ニ勅語アリ式畢テ再ヒ便殿ニ御休憇夫ヨリ軍法會議所ヘ御立寄行在所ヘ著御午後一時ヨリ海兵團造船部兵器部及各倉庫等御巡覽アラセラレ熾仁親王殿下ヘ病院及貯水池ヲ御代覽仰付ケラレタリ」
  5. ^ 映画「アルキメデスの大戦」で注目の広島・呉”. 時事通信. 2019年8月15日閲覧。
  6. ^ 明治23年3月10日官報第2005号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ2 「◯告示 海軍省告示第七號 舊小野濱造船所趾ニ吳鎭守府造船部分工場ヲ置キ吳鎭守府造船部小野濱分工場ト稱ス 明治二十三年三月十日 海軍大臣 伯爵西鄕從道」
  7. ^ 明治28年6月7日官報第3580号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ1 「◯勅語 勅令第七十二號 吳鎭守府造船支部條例ハ明治二十八年六月十日ニ限リ之ヲ廢止ス」

参考文献編集

  • 広島県編『広島県史』近代1・通史Ⅴ、広島県、1980年。
  • 呉市史編纂室編『呉市史』第3巻、呉市役所、1964年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 官報

関連項目編集