メインメニューを開く

和泉 照雄(いずみ てるお、1921年(大正10年)8月 - 1986年(昭和61年)4月28日)は公明党所属の参議院議員(1期)。

和泉照雄
いずみ てるお
生年月日 1921年8月
出生地 鹿児島県鹿児島市
没年月日 (1986-04-28) 1986年4月28日(64歳没)
出身校 陸軍士官学校
所属政党 (公明政治連盟→)
公明党

選挙区 全国区
当選回数 1回
在任期間 1977年7月11日 - 1983年7月9日

選挙区 鹿児島市鹿児島郡選挙区
当選回数 3回
在任期間 1963年4月23日 - 1975年4月22日
テンプレートを表示

人物編集

1940年陸軍士官学校を卒業。1963年には鹿児島県議会議員に当選し3期務める。1977年、第11回参議院議員通常選挙で全国区から立候補し当選。1980年3月24日に参議院決算委員会において北朝鮮による日本人拉致問題に連なるアベック失踪事件について質問。この質疑応答においては北朝鮮という言葉は出なかったが、拉致問題に連なる議題が初めて国会で取り上げられる質問となった。

1983年(昭和58年)任期満了と同時に政界を引退。

関連項目編集