メインメニューを開く

唐辛 多喜弥(とうがらし たきや、1864年6月2日 - 1944年6月27日)は、元大相撲力士である。福岡県行橋市出身、本名は宮原→奥村多喜弥。雷部屋所属。最高位は西前頭11枚目(1896年1月場所)。現役時代の体格は164cm、81kg。

目次

来歴編集

唐辛という非常に珍しい四股名の持ち主だが、これは「小粒でもピリリと辛い」という意味が込められていたという。名付け親は彼を贔屓にしていた伊藤博文とも、黒田清隆とも伝わる。

当初は大坂相撲で取っていたが上京し、15代横綱梅ヶ谷に入門、1883年明治16年)1月場所序二段付出で東京相撲の初土俵を踏んだ。十両には1889年(明治22年)1月場所に昇進、入幕は1894年(明治27年)5月場所のことだった。以後1898年(明治31年)5月場所の引退までの間に幕内を通算7場所務めたが、上位に上がることはなかった。引退後「一力」と改めて、短期間だが大坂相撲に戻ったという。その後は郷里に戻り、力士としては長寿の80歳まで生きた。

四股名の通りの小兵だが、「七色の取る手うるわし唐辛…」と相撲甚句に歌われるほどの手取り型の取り口だったという。初っ切りが巧く、これを愛好した明治天皇にたびたび宮中に召されて披露した。明治天皇自ら廻しを着けて、自らと体格のそう変わらない唐辛と相撲に興じることもあったという。

郷土の行橋市のまちづくり団体「一般社団法人 行橋未来塾」の江本満代表理事は、2018年12月にあった大相撲行橋京築場所の勧進元を務めたことをきっかけに、唐辛の消息を調べ始めた[1]

主な成績編集

  • 幕内在位:7場所
  • 幕内成績:12勝37敗8分3預10休 勝率.245

脚注編集

  1. ^ 郷土力士「唐辛」探して 明治時代の東京相撲幕内 行橋未来塾の江本さん「顕彰したい」 [福岡県] 西日本新聞 (2019/03/05付 西日本新聞朝刊より)2019年03月05日 06時00分(西日本新聞社、2019年3月20日閲覧)

関連項目編集