啓典

ウィキメディアの一覧記事

啓典(けいてん)は、イスラム教において唯一神アッラーフ)から諸預言者に下された四つの啓示書物のこと。旧約聖書新約聖書を内包する。

  1. ムーサー(モーセ)に下された『タウラート』(『モーセ五書』)
  2. ダーウード(ダビデ)に下された『ザブール』(『詩篇』)
  3. イーサー(イエス)に下された『インジール』(『福音書』)
  4. ムハンマドに下された『クルアーン』(『コーラン』)

また、クルアーンを、唯一神がムハンマドを通じて伝えた言葉として、教典にし、これに従うことをもいう。これは六信のひとつ。

ただし上記の4つの啓典は、クルアーンと同等というわけではない。キリスト教徒による改竄や悪意のない誤写、善意の辻褄合わせ等によって、本来のものとは文面の食い違っているところがあるとされ、その点は憶測や詮索あるいは研究の対象として認められる。そういう意味では、絶対不可侵のクルアーンよりは一段も二段も下に置かれるものである。