メインメニューを開く

概要編集

秦野盆地と東側の金目川沿い低地の境界でもある。近年においては自動車交通などを担う国道246号が峠の交通を成しているが、矢倉沢往還時代からの旧来の峠道も現存しており、国道246号の旧道をやや北側に入る細い峠道が相当する。この峠道は徒歩や自転車などで通行が可能である。

秦野市側は眺望が利き通過すると急に視界が開け、天候の良いときは富士山が見事な姿を見せる。

国道246号には新善波隧道が、その南側の旧道には善波隧道が供用されており、それぞれ峠の交通を成している(後述)。

 
天候がよければトンネルの向こうに富士山が見える


トンネル編集

 
善波隧道(起点側)
 
新善波隧道(起点側)

峠を短絡するための道路トンネルとして、1928年(昭和3年)に善波隧道(ぜんばずいどう)が、1963年(昭和38年)8月に新善波隧道(しんぜんばずいどう)が供用されている[1]

善波隧道(旧善波トンネル)編集

善波隧道(旧善波トンネル)は、国道246号の旧道にある全長158mのトンネルである。幅員は5.5m、高さは3.7mである[1]

新善波隧道編集

新善波隧道は、国道246号にある全長260mのトンネルである。幅員は13.5m、高さは4.5mあり[1]、両側2車線が確保されている。

位置情報

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 平成16年度道路施設現況調査(国土交通省)

関連項目編集

外部リンク編集

  • 善波峠(観光スポット情報) - 秦野市観光協会