喬桐郡(キョドンぐん、きょうどうぐん、朝鮮語: 교동군)は、喬桐島を中心とした現在の仁川広域市江華郡にあった行政区域[1]

今の江華郡喬桐面・西島面一帯と三山面の一部である。

1914年江華郡に編入された[1]

沿革編集

喬桐島は戴雲島テウンド: 대운도、たいうんとう)・高林コリム(: 고림、こうりん)・達乙斬タルルチャム: 달을신、たついつざん)とも呼ばれ、高句麗高木根県コモックンヒョン: 고목근현、こうぼくこんけん)であったが、新羅景徳王喬桐に改め、海口郡(現在の江華郡)領県になった[1]

李氏朝鮮時代の1629年仁祖7年)に府に昇格、1895年高宗32年)に江華に編入されたものの、すぐ旧に復し、郡になって仁川府の管轄になったが、1914年に郡を廃して江華郡に合した[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 李弘稙교동현 喬桐縣」『增補 새國史事典 (ENCYCLOPEDIA OF KOREAN HISTORY [증보] 새 국사사전)敎學社ソウル、1996年(原著1983年)、増補1版12刷、147頁(朝鮮語)。ISBN 8909005068