嘉納治郎右衛門 (八代目)

八代目嘉納治郎右衛門(はちだいめかのうじろうえもん、(嘉永6年7月3日1853年8月7日) - 昭和10年(1935年)3月19日)は、日本実業家嘉納財閥・本嘉納家8代目当主。本嘉納商店社長。

合名会社本嘉納商店 嘉納治郎衛門 20世紀初頭

人物編集

嘉永6年(1853年)摂津国御影(現兵庫県神戸市東灘区御影町)に生まれる。本名は秋香。明治15年(1882年)家督を相続し、家業の醸造業に従事。この年商標令が発布され、従来の銘柄「本稀」を「菊正宗」と改名、登録した。醸造の改善に苦心し、杉桶の改良を志して銅タンクの使用を発明。明治40年(1907年)本嘉納商店を合資会社とし、大正8年(1919年)株式会社に改組。大正15年(1926年)別に本嘉納合名会社を設立、土地、建物、有価証券などの投資事業をも行った。また灘商業銀行(のちに神戸銀行)を創立し頭取に就任、日本醸造酒会監事、武庫汽船取締役、日本相互貯蓄銀行相談役などを歴任した。また酒造業だけでなく受験進学校として知られる灘高の前身、灘中学校の創立や兵庫運河の建設工事にも力を注いだ。

関連項目編集