メインメニューを開く

四相(しそう)とは、仏教において、因果関係のうちに成立する現象[1]有為)が現在の一瞬間のうちに呈する、(しょう:生起する)、(じゅう:生起した状態を保つ)、(い:その状態が変異する)、(めつ:消滅する)の4つの相状のこと[2]。「生住異滅」ともいう[3]。生・住・異・滅のそれぞれが、説一切有部五位七十五法の一要素である[4]

律蔵などの経典では、生は必ず滅に至る、という生者必滅が説かれていた[5]。これに対し、阿含経は、時間的な継続を考慮に入れ、生と滅のあいだに住を挿入し、生-住-滅の三相(さんぞう)を説いた[5]。のちに説一切有部[2]を含む中期以降の仏教で、生-住-異-滅の四相に展開する[5]

生-住-異-滅の経過は、一刹那(せつな、: kṣaṇaクシャナ)の間に起こる[6]刹那は、インド仏教の数える最小の時間単位で、0.0133……秒に相当する[6]。生-住-異-滅の方向は一方的であり、逆はあり得ない[5]

「生住異滅」の語は、転じて「生老病死」と類義に、人間が生まれ、成長し、老いて死ぬ意、または事物が生成変化して消滅する意に用いられることもある[3]

脚注編集

出典編集

  1. ^ 総合仏教大辞典 1988, p. 上巻80.
  2. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 310~311.
  3. ^ a b 岩波仏教辞典 1989, p. 427.
  4. ^ 櫻部・中村 2002, p. 96.
  5. ^ a b c d 中村・三枝 2009, p. 177.
  6. ^ a b 中村・三枝 2009, p. 178.

参考文献編集

  • 中村元他『岩波仏教辞典』岩波書店、1989年。ISBN 4-00-080072-8
  • 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合仏教大辞典』法蔵館、1988年。
  • 櫻部建 ; 上山春平『存在の分析<アビダルマ>―仏教の思想〈2〉』角川書店角川ソフィア文庫〉、2006年。ISBN 4-04-198502-1(初出:『仏教の思想』第2巻 角川書店、1969年)
  • 中村元『龍樹』講談社学術文庫、2002年。ISBN 4-06-159548-2
  • 中村元 ; 三枝充悳『バウッダ(佛教)』講談社学術文庫、2009年。ISBN 978-4-06-291973-9