メインメニューを開く

アドルフ・ヒトラーの死

ヒトラーの死を伝える星条旗新聞号外1945年5月2日付)

アドルフ・ヒトラーの死の項目では、1945年4月30日ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラー総統地下壕の一室で、夫人のエーファ・ブラウンとともに自殺を遂げた経緯について記述する。

自殺の手段は、拳銃と劇薬であるシアン化物を複合的に用いたものとされている。ヒトラーの生前の意向に従い、夫妻の死体はガソリンをかけて燃やされたが、その残骸は赤軍により発見、回収された。ソ連によりヒトラーの死体は秘密裏に埋められたが、1970年に掘り起こされ、完全に焼却されたあとにエルベ川散骨された。これらの情報は、冷戦終結後の1992年旧ソ連KGBと後継組織であるロシアFSBに保管されていた記録が公開されたことによって明らかになった。

自殺に至る過程編集

1945年初頭の時点で、第二次世界大戦におけるドイツの戦局は崩壊の危機に瀕していた。東部戦線では、ポーランドを手中に収めた赤軍が、キュストリーンフランクフルト・アン・デア・オーダーの間を流れるオーダー川を渡って82キロ西方のベルリンを攻略する準備を進めていた[1]。西部戦線では、アルデンヌ攻勢を戦っていたドイツ国防軍が、連合軍に作戦開始地点よりさらに内側に押し戻される形で完全に敗北し、イギリス軍・カナダ軍はライン川を越えてドイツの中心的工業地帯であるルール地方に侵入しつつあった[2]。その南では、ロレーヌ地方を占領したアメリカ軍が、ライン川流域のマインツマンハイムに向かって進撃を続けていた[2]。イタリアでは、1945年春のアメリカ軍とイギリス連邦軍による攻勢の結果、ドイツ軍は北部に追い詰められた[3]。軍事作戦と並行して、連合国は2月4日 - 11日にかけて首脳会談(ヤルタ会談)を実施し、ヨーロッパにおける戦争終結の形態を議論した[4]

 
総統地下壕の模式図[5]

戦況の悪化を受け、ヒトラーは1945年1月16日から総統地下壕に居を移しており、以降ヒトラーはこの地下壕から統括を行っていた。ドイツ指導部は、ベルリンの戦いがヨーロッパ戦線における最後の戦いとなることを認識していた[6]。4月11日までに、アメリカ軍はベルリンの西方100キロに位置するエルベ川を渡った[7]。4月18日にはルール地方のB軍集団の32万5,000人もの将兵が降伏し、捕虜となった。この降伏により、アメリカ軍がベルリンに進撃することが可能となった。東部戦線では4月16日、赤軍がオーダー川を渡り、ベルリンを守る最終防衛線であるゼーロウ高地を突破するための戦いを開始していた[8]。4月19日までにはドイツ軍がゼーロウ高地から全面撤退し、ベルリン東方の防衛線は消滅した。ヒトラーの56歳の誕生日である4月20日、ベルリンは初めて赤軍による砲撃を受けた。4月21日の夜までには、ベルリンの郊外に赤軍の戦車部隊が到達した[9]。ヒトラーの一部の側近や国防軍首脳部の一部は、南部のベルヒテスガーデンへの疎開を進言したが、彼はそれを拒否した。

4月22日午後の軍事情勢会議においてヒトラーは、フェリックス・シュタイナーSS大将率いる「シュタイナー軍集団」が、前日にヒトラーから与えられたベルリン救援のための攻撃命令を実行していないと知らされたことで、明らかな神経衰弱に陥った[10]。ヒトラーは感情を抑えられなくなり、ドイツ軍司令官たちの不忠と無能さを怒りに任せて非難し、ついには戦争に敗北したことを初めて認めるに至った。さらに自分はあくまでもベルリンにとどまり、最後には銃で自決すると宣言した[11]。ヒトラーはその後、軍医であったヴェルナー・ハーゼSS中佐に、確実な自殺方法を教えてほしいと依頼した。ハーゼは「ピストルと毒」による自殺を提案し、シアン化物の服用と、頭に銃弾を撃ち込むことの併用を勧めた[12]。ヒトラーが自殺を決めたことを知ったヘルマン・ゲーリング国家元帥は、自身を後継者に指名した1941年の布告に基づいて、国家指揮権を自身に移譲するよう求める電報をヒトラーに送った[13]。この電報を受け、ヒトラーに多大な影響力を持つ官房長のマルティン・ボルマンは、ゲーリングがクーデターを企てているのだとヒトラーに説き、彼もゲーリングの反逆を確信した[14]。ヒトラーはゲーリングに返信し、全官職を辞さない限り処刑されることになると伝えた。同日、ヒトラーは彼をすべての官職から解任したうえで逮捕令を出した[15]

4月23日、赤軍がベルリン市内に突入した。4月27日の時点で、ベルリンはドイツのほかの地域から遮断されていた。防衛部隊との間の安定した無線通信も失われており、OKWは気球を打ち上げての短波通信に頼らざるを得ず、総統地下壕の司令官は電話回線を用いて指示・命令を下すことを強いられていた。同様に、ニュースや情報の入手は公共のラジオ放送に頼らざるを得ない状況だった[16]。4月28日、ロイター通信発のBBCのニュース報道が地下壕で傍受され、その内容のコピーがヒトラーのもとに届けられた[17]。この報道で、親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーが、西側連合国に対して独自に降伏を提案したが拒絶されたこと、ならびに彼が自らにドイツの降伏交渉を行う権限があると連合国側にほのめかしていたことが伝えられていた。ヒトラーは彼のこのような動きを自分に対する重大な反逆とみなし、同日の午後には抑えられない怒りと苦々しさから、彼に対する罵詈雑言を怒鳴り散らした[18]。ヒトラーはヒムラーの逮捕令を出し、ベルリン総統大本営における彼の連絡将校であるヘルマン・フェーゲラインを逮捕・銃殺刑に処した[19]

総統地下壕の地上出入り口(1947年、取り壊し直前に撮影)
取り壊された総統地下壕の一部(1947年)

この時点で、赤軍はポツダム広場にまで進出しており、総統官邸への強襲が目前に迫っているという兆候が観察されていた。この危機的状況とヒムラーの裏切りに最後の衝撃を受け、ヒトラーは人生の最期についていくつかの決定を下したと考えられる[20]。ヒトラーはエーファ・ブラウンと結婚することを決め、4月28日の深夜、 2人は総統地下壕の地図室でささやかな人前結婚式を挙げた[21]。結婚式のあと、ヒトラーは妻となったエーファとともに簡素な結婚披露宴を催した。その後、秘書官のトラウデル・ユンゲを連れて別室に移動し、自身の遺言を口述したとアントニー・ビーヴァーは考察している。午前4時、ヒトラーは遺言の書類に署名し床に就いた。なお、記録によってはヒトラーが遺書を口述したのは結婚式の直前だということになっているが、いずれにしても、サインのタイミングについては一致している[注釈 1][注釈 2]。結果的にヒトラーとエーファが正式な夫婦として生活したのは、40時間に満たなかった。

4月29日、ヒトラーは同盟国イタリア社会共和国の指導者ベニート・ムッソリーニがパルチザンに捕らえられ処刑され、死体が逆さ吊りにされたことを知った。この出来事は、ヒトラーが遺言の中でも言及していた決意、つまり自分たちは死後に晒し者にはなりたくないという恐れをさらに強固にした可能性が高い[22]。同日午後、ヒトラーはシアン化物カプセルが偽物ではないかと疑い始めた[23]。カプセルの有効性を確かめるために、ヒトラーはハーゼに命じて愛犬ブロンディにカプセルを飲ませ、その死を確認した[24]

4月30日午前1時までに、ヒトラーがあてにしていたベルリン救援のためのドイツ軍部隊が、すべて包囲されるか守勢に立たされていることがヴィルヘルム・カイテルによって報告されていた[25]。4月30日の朝遅くには、赤軍が総統地下壕から500メートルも離れていない場所にまで迫り、ヒトラーはベルリン防衛軍司令官のヘルムート・ヴァイトリング砲兵大将と会談を持った。彼はベルリン防衛軍の弾薬がおそらく夜には尽きるであろうこと、ベルリンでの戦闘行為は24時間以内に停止せざるを得ないことをヒトラーに告げた[25]。同時にヴァイトリングはヒトラーに脱出の許可を願い出た。彼は以前にも脱出許可を願い出て却下されていた。しかしヒトラーからの回答が得られなかったため、彼はベンドラーブロックドイツ語版にある本部に戻った。同日13時ごろ、ヴァイトリングは夜を待って脱出を試みることについてヒトラーからの許可を得た[26]

自殺編集

 
ヒトラーの死の時点におけるヨーロッパ戦線の状況。
白:ナチスの統制下
ピンク:連合国の統制下
赤:戦闘継続中

4月30日の昼、ヒトラーは秘書官ユンゲとゲルダ・クリスティアン、料理人のコンスタンツェ・マンツィアーリの4人で最後の食事となる昼食をとった。献立は野菜のスープとマッシュポテトであったとも[27]ラビオリであったとも言われている。食事を終えたヒトラーとエーファは、地下壕のスタッフや、ゲッベルス一家やマルティン・ボルマン一家、秘書官や国防軍の将校らに最後の別れを告げた。14時30分ごろ、ヒトラーとエーファは執務室の奥にある居間に入っていった[28][26]。「15時30分ごろに大きな銃声を聞いた」と、複数の証人がのちに伝えている。数分待って、ヒトラーの世話係ハインツ・リンゲが、ボルマンの立ち合いのもと居間のドアを開けた[29]。すぐに焦げたアーモンドの匂いに気付いたと、リンゲはのちに証言している。これは青酸(シアン化水素水溶液)の一般的な特徴として知られている[29]。ヒトラーの副官で親衛隊少佐オットー・ギュンシェが居間に入り、ソファに腰かけた2人の死体を確認した。エーファの死体はヒトラーの左手にあり、膝を胸に抱え込んだ姿勢で、彼から遠ざかるように倒れていた。ヒトラーの死体の状態についてギュンシェは「ぐったりと座っており、右のこめかみからは血が滴っていた。彼はワルサーPPK7.65で自らを撃ったのだ」と述べた[30][29][31]。今日では、ヒトラーはまずシアン化物(青酸カリ)のカプセルを噛み砕き、すぐに右のこめかみをピストルで撃ったものと考えられている[32]

自殺に使われたピストルはヒトラーの足元に落ちていた[29]。彼の頭から滴った血が、居間の床に血だまりをつくっていた[33][34]ヒトラー専属の身辺警護部隊英語版の隊員だったローフス・ミシュによれば、ヒトラーの頭部は前方のテーブルの上に横たわっていたという[35]。リンゲの証言では、エヴァの死体には外傷が見当たらず、その顔からはシアン化物を用いて服毒自殺したことが見て取れた[注釈 3]

ギュンシェが居間を出て、ヒトラーの死を地下壕に残る人々に発表した。その後すぐに、人々は煙草をふかし始めた(ヒトラーは生前喫煙を嫌悪し、許可しなかった[36][37][38])。ヒトラーの生前の指示に従い、2人の死体は地上階に運ばれ、地下壕の非常口を経て、総統官邸裏の中庭に開いた砲弾孔に降ろされたあと、燃やすためにガソリンを浴びせかけられた[39][40]。ミッシュは、誰かが「早く上階へ急げ、彼らはボスを燃やしている」と叫んだのを聞いたと証言している[35]。何度かガソリンへの点火に失敗したあと、リンゲはいったん地下壕に戻り、厚く巻かれた紙を持って帰ってきた。その後、ボルマンが紙に火をつけ、それを死体の上に投げた。燃え上がったヒトラーとエーファの死体に向けて、地下壕出入り口のすぐ内側から、ボルマン、ギュンシェ、リンゲ、ゲッベルス、エーリヒ・ケンプカペーター・ヘーグルエヴァルト・リンドロフ英語版、ハンス・ライザーらがナチス式敬礼で送った[41][42]。16時15分ごろ、リンゲは親衛隊少尉ハインツ・クリューガーと親衛隊曹長ヴェルナー・シュヴィーデルに、ヒトラーの居間の絨毯を巻き上げて燃やすよう命じた。シュヴィーデルは居間に入った瞬間、ソファのひじかけ付近に「大きな皿」ほどの大きさの血だまりがあるのが目に入ったとのちに語っている。シュヴィーデルは、空の薬莢がひとつ、絨毯の上にピストルから1ミリほど離れて落ちているのに気づき、かがんで薬莢を拾い上げた[43]。2人は血痕のついた絨毯を回収すると、総統官邸の中庭まで運び、その場で燃やした[44]

その日の午後を通して、赤軍は断続的に総統官邸の付近を砲撃していた。ヒトラーらの遺体をさらに燃やすため、親衛隊員が追加のガソリン缶を運んできた。リンゲによれば、燃やしたのが屋外であったため、2人の亡骸を完全に燃やし尽くすことはできなかった[45]。死体の焼却は16時から18時30分にかけて行われた。18時30分ごろ、リンドルフとライザーが燃え残った2人の亡骸を掩蔽した[46]

余波編集

 
エーファ・ブラウンとヒトラー、愛犬ブロンディ(1942年6月)

5月1日、ラジオ局「ライヒスゼンダー・ハンブルク」は通常の放送を中断し、まもなく重大なニュースが発表されるとアナウンスした。ワーグナーブルックナーの葬送音楽が流されたあと、ヒトラーが遺言で後継者に指名したカール・デーニッツ海軍元帥が、ヒトラーの死を発表した[47]。デーニッツはドイツ国民に総統の死を悼むよう要求し、ヒトラーは首都を防衛するため英雄的な死を遂げたと述べた[48] 。軍と国家を維持するため、デーニッツは西部での英米への部分降伏を画策し、東部のドイツ軍部隊を西方に移動した。この結果、約180万人ものドイツ軍将兵が赤軍の捕虜になることを回避することができた。デーニッツの方策は一定の成功を収めたが、一方で戦闘は5月8日まで継続されることとなり、人的被害は拡大した[49]

死から13時間が経過した5月1日の朝、スターリンはヒトラーの自殺を知った[50]。5月1日午前4時、陸軍参謀総長ハンス・クレープス大将が、条件つき降伏を模索するために第8親衛軍司令官ワシーリー・チュイコフ大将と会っており、その際にクレープスはチュイコフにヒトラー死亡の情報を伝えた[51][52]。スターリンはドイツの無条件降伏を要求し、さらにヒトラーが死亡したことを確認するよう求めた。スターリンは赤軍の防諜部隊スメルシに、ヒトラーの死体を発見するよう命じた[53] 。5月2日の早朝、赤軍は総統官邸を制圧した[54]。官邸地下の総統地下壕では、クレープス大将とヴィルヘルム・ブルクドルフ大将が頭部を撃ち抜いて自殺した[55]

5月4日、スメルシの指揮官イワン・クリメンコにより、ヒトラーとエーファ、そして犬2匹(ブロンディとその子ヴルフと考えられている)のひどく焼けた死体が発見された。ヒトラーらの亡骸は砲弾のクレーターに埋もれており、翌日に掘り起こされた[56][57]。スターリンはヒトラーの死を確信するのに慎重を期しており、その情報を公に発表することを禁止した[58][59]。1945年5月11日までに、ヒトラーの歯科医フーゴ・ブラシュケ英語版、歯科助手のケーテ・ホイザーマン、歯科技師のフリッツ・エヒトマンらにより、クレーターから回収された歯の残骸がヒトラーとエヴァのものであることが確認され、回収された下顎(歯の治療跡があった)が、ヒトラーのものであることが証明された[60][61]。公式な検死報告書には、銃弾によるヒトラーの頭蓋骨の損傷、口腔内のガラス破片の両方について記録されており、スターリン自身が1945年に認可したが、彼は大敵の死を容易には信じようとしなかった[62][63]。ヒトラーとエヴァの遺骸は、スメルシによって埋めたり掘り出されたりを繰り返した。ヒトラーらの遺骸は当初、1945年6月上旬にベルリン西方の森に墓標なしで埋められたが、その後再び掘り出され、最初の埋葬から8か月後、マクデブルクの赤軍駐屯地に秘密裏に埋葬された[64]

 
変装して逃走するヒトラーの想像図(アメリカのシークレットサービスが1944年に作成し、1945年にドイツ全土で貼り出された)

政治的な目的から、ソ連はヒトラーの運命について諸説を発表した[65][66]。1945年以降の数年間、ソ連はヒトラーが逃走して生存しており、西側諸国によって保護されていると主張していた[65] 。このようなソ連の策略により、西側関係者の間にもヒトラーの生死について一時的な混乱がもたらされた。ニュルンベルク裁判におけるアメリカの検事トーマス・J・ドッド英語版は、「ヒトラーが死んだと言い切ることは誰にもできない」と述べた。ポツダム会談中の1945年8月、アメリカ大統領ハリー・S・トルーマンはスターリンに「本当にヒトラーは死んだのか」と質問したが、彼はぶっきらぼうに「ノー」とだけ返答した。1945年11月、ベルリンのイギリス占領地区における防諜部門のトップであったディック・ホワイト英語版は、部下のヒュー・トレヴァー=ローパーにヒトラーの死についての調査を行うよう命令し、ソ連のヒトラーが西側で生存しているという主張への反証を試みた。トレヴァー=ローパーによる調査の成果は1947年に本として出版された[67]

なおドイツの同盟国であった日本は、先に死去したアメリカのフランクリン・D・ルーズヴェルト大統領の死去に際しては、外交儀礼に則り鈴木貫太郎首相の名で正式に弔意を示す声明を発表したものの、ヒトラー自殺の報に際しては、声明の発表や半旗の掲揚は行わなかった[68]駐日ドイツ大使館は、判明している限りでは世界の公的機関で唯一ヒトラーの追悼式を行ったが、日本政府は外務省の儀典課長を参列させただけであった[69]。『朝日新聞』は訃報に「ヒ総統薨去」の見出しを用い、外務省政務局の「世界情勢ノ動向」においても「『ヒットラー』総統薨去」の表現を用いている[70]

遺骨編集

1970年には、スメルシの施設は KGBのコントロール下、東ドイツ政府に移譲される予定だった。ヒトラーの埋葬場所がネオナチの聖地になることを恐れ、KGB議長のユーリ・アンドロポフは部隊に遺骸を破壊する許可を与えた。ソビエトのKGBチームは詳細な埋葬場所を指示され、1970年4月4日秘かに10体の遺骸を掘り出し完全に焼却して灰をエルベ川散骨した[71]

この1年前の1969年にソビエトのジャーナリスト、レヴ・ベジメンスキー(Lev Bezymensky)が、スメルシの検視レポートに基づき西側で本を出版した。しかし初期の情報攪乱のため、歴史家はその情報の信頼性に疑いを持つ場合がある[72]

しかしソ連崩壊後の1993年に、KGBFSB)が、KGBの元メンバーによる公的検死記録その他の報告書を公表した。これらにより歴史家は、ヒトラーとエヴァの死体のその後について見解の一致に達した[73]。また、これによりトレヴァー=ローパーの1947年の著書『The Last Days of Hitler』で示されたヒトラーの死についての見解が裏付けられた。

1993年にロシア政府は、ヒトラーの下頤骨と銃弾の痕のある頭骨の一部を、モスクワにあるロシア連邦保安庁(FSB)の公文書館が保管していることを発表した。アメリカ・コネチカット大学のチームがロシア政府の許可を受けて頭骨のDNA鑑定を実施したところ、この頭骨は女性のものであるとの結果が出たという。

2018年、フランス人法医学者のフィリップ・シャルリエ英語版がロシアの連邦保安局と国立公文書館の許可を受け、保管されていたヒトラーの遺骨の調査を開始した(遺骨調査の許可は1946年以来とされている)。公文書館にある頭蓋骨はケースに入っており触れることさえできなかったが、ロシアKSBに保管されていた義歯の断片については詳細な調査が許された。ヒトラーの生前に撮影されていたレントゲン写真と照合したところ、義歯の形状が一致した。彼の骨格や歯の状態に合わせたオーダーメイドであり、別人のものとは考えがたい。また、表面の傷や付着した歯石は実際に使用されていたことを示しており、模造品とも考えがたい。偶然落ちた破片を持ち帰って付着物の組成を分析したところ、レタスの繊維などが見つかり、これも菜食主義者であったヒトラーの食生活と合致する。以上のことから、この義歯は本物と断定された。そのうえで、頭蓋骨に残された弾痕、虫歯についた青みがかった付着物から、銃で頭を撃ち抜く行為も青酸カリを服用する行為も両方行われたのであろうと結論づけている[74]

戯曲化編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ MI5のウェブサイト。WWII MI5のエージェント、トレヴァー・ローパーの The Last Days of Hitler に基づいており、「ヒトラーが遺書を口述した " 後に " 結婚した」としている (MI5 staff 2011).
  2. ^ Beevor 2002, p. 343 に、「ヒトラーは遺書口述の " 前に " 結婚式を挙げた」とある。
  3. ^ "Cyanide poisoning. Its 'bite' was marked in her features." (Linge 2009, p. 199).

出典編集

  1. ^ Horrabin 1946, Vol. X, p. 51.
  2. ^ a b Horrabin 1946, Vol. X, p. 53.
  3. ^ Horrabin 1946, Vol. X, p. 43.
  4. ^ Bellamy 2007, p. 648.
  5. ^ David Sim (2016年10月28日). “Replica of Adolf Hitler's bunker goes on show in Berlin”. International Business Times. 2018年8月31日閲覧。
  6. ^ Beevor 2002, p. 139.
  7. ^ Shirer 1960, p. 1105.
  8. ^ Beevor 2002, pp. 209–217.
  9. ^ Beevor 2002, pp. 255–256, 262.
  10. ^ Erickson 1983, p. 586.
  11. ^ Beevor 2002, p. 275.
  12. ^ O'Donnell 2001, pp. 230, 323.
  13. ^ Shirer 1960, p. 1116.
  14. ^ Beevor 2002, p. 289.
  15. ^ Shirer 1960, p. 1118.
  16. ^ Beevor 2002, p. 323.
  17. ^ Kershaw 2008, p. 943.
  18. ^ Kershaw 2008, pp. 943–946.
  19. ^ Kershaw 2008, pp. 946–947.
  20. ^ Shirer 1960, p. 1194.
  21. ^ Hitler's Last Days”. Military Intelligence Section 5. 2012年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月9日閲覧。
  22. ^ Shirer 1960, p. 1131.
  23. ^ Kershaw 2008, pp. 951–952.
  24. ^ Lehmann, Armin D., In Hitler's Bunker: A Boy Soldier's Eyewitness Account of the Führer's Last Days, Lyon's Press, 2004, ISBN 9781592285785
  25. ^ a b Erickson 1983, pp. 603–604.
  26. ^ a b Beevor 2002, p. 358.
  27. ^ Valerie Phillips: 'Last Supper' details the final meals of the rich and famous”. Deseret News. Deseret News Publishing Company.. 2019年3月9日閲覧。
  28. ^ ミッシュ, ローフス『ヒトラーの死を見とどけた男 地下壕最後の生き残りの証言』小林修訳、草思社、2006年、212頁。
  29. ^ a b c d Linge 2009, p. 199.
  30. ^ Fischer 2008, p. 47.
  31. ^ Joachimsthaler 1999, pp. 160–182.
  32. ^ クノップ 2004, p. 208.
  33. ^ open2.net (BBC Open University), OU Lecture 2005: Transcript, retrieved 11 May 2009
  34. ^ Kinzer, Stephen, "The Day of Hitler's Death: Even Now, New Glimpses", New York Times, 4 May 1995, retrieved 11 May 2009
  35. ^ a b Rosenberg 2009.
  36. ^ historyplace.com, The Death of Hitler, retrieved11 May 2009
  37. ^ Mount, Ferdinand, Review: History: Inside Hitler's Bunker by Joachim Fest, Sunday Times, 18 April 2004, retrieved 11 May 2009[リンク切れ]
  38. ^ The last days of Adolf Hitler”. UKTV. 2013年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月9日閲覧。
  39. ^ Kershaw 2008, pp. 954, 956.
  40. ^ Linge 2009, pp. 199, 200.
  41. ^ Linge 2009, p. 200.
  42. ^ Joachimsthaler 1999, pp. 197, 198.
  43. ^ Joachimsthaler 1999, p. 162.
  44. ^ Joachimsthaler 1999, pp. 162, 175.
  45. ^ Joachimsthaler 1999, p. 211.
  46. ^ Joachimsthaler 1999, pp. 217–220.
  47. ^ Beevor 2002, p. 381.
  48. ^ Kershaw 2008, p. 959.
  49. ^ Kershaw 2008, pp. 961–963.
  50. ^ Beevor 2002, p. 368.
  51. ^ Beevor 2002, p. 367.
  52. ^ Eberle & Uhl 2005, p. 280.
  53. ^ Eberle & Uhl 2005, pp. 280, 281.
  54. ^ Beevor 2002, pp. 387, 388.
  55. ^ Beevor 2002, p. 387.
  56. ^ Erickson 1983, p. 435.
  57. ^ Petrova & Watson 1995, p. xi, xii.
  58. ^ Kershaw 2001, pp. 1038–1039.
  59. ^ Dolezal 2004, pp. 185–186.
  60. ^ Eberle & Uhl 2005, p. 282.
  61. ^ Kershaw 2008, p. 958.
  62. ^ Kershaw, Ian, Hitler, 1936-1945: Nemesis, W. W. Norton & Company, 2001, ISBN 0393322521, pages 1038-39
  63. ^ Dolezal, Robert, Truth about History: How New Evidence Is Transforming the Story of the Past, Readers Digest, 2004, ISBN 0762105232, page 185-6
  64. ^ Tkachenko 2009.
  65. ^ a b Eberle & Uhl 2005, p. 288.
  66. ^ Kershaw 2001, p. 1037.
  67. ^ MI5 staff 2011.
  68. ^ ヴィッケルト 1998, p. 158.
  69. ^ ヴィッケルト 1998, p. 159.
  70. ^ 第十七報/四、独逸国』 アジア歴史資料センター Ref.B02130553600 
  71. ^ Hitler's death - later Russian disclosures”. 2013年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月9日閲覧。
  72. ^ JSTOR bibliographical note
  73. ^ “Fragment of Hitler's skull goes on display in Russia”. Associated Press in The Topeka Capital-Journal. (2000年4月27日). オリジナルの2017年3月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170314202930/http://cjonline.com/stories/042700/new_hitlerskull.shtml 2009年4月20日閲覧. "What officials claim is a fragment of Adolf Hitler's skull went on display Wednesday, along with documents revealing what happened to the dictator's remains after they were seized by Soviet troops in 1945. The four-inch fragment -- with a hole where a bullet reportedly exited through the left temple -- was displayed under thick glass at Russia's Federal Archives Service. The exhibition, called "The Agony of the Third Reich: The Retribution," was timed to mark the 55th anniversary next month of the defeat of Nazi Germany." 
  74. ^ ヒトラーは1945年に死亡、歯と頭蓋骨の分析 研究”. AFP (2018年5月21日). 2018年5月22日閲覧。

参考文献編集

関連書籍編集

書籍
論文

関連項目編集