メインメニューを開く

公益社団法人国民健康保険中央会(こくみんけんこうほけんちゅうおうかい、All-Japan Federation of National Health Insurance Organizations、国保中央会)は、国民健康保険事業及び介護保険事業の普及などを実施する国民健康保険団体連合会で構成された公益法人。元厚生労働省所管。

国民健康保険中央会
団体種類 公益社団法人
設立 1948年11月
所在地 東京都千代田区永田町1丁目11番35号 全国町村会館内
北緯35度40分43.3秒東経139度44分31.1秒座標: 北緯35度40分43.3秒 東経139度44分31.1秒
法人番号 2010005018852
起源 全国国民健康保険団体中央会
主要人物 会長 岡崎誠也(高知市長)
活動地域 日本の旗 日本
基本財産 6,277.3億円(平成22年度予算)
従業員数 常勤役員:5人、職員:89人
会員数 47団体
ウェブサイト https://www.kokuho.or.jp/
テンプレートを表示

概要編集

国民健康保険事業及び介護保険事業の普及、健全な運営及び発展を図り、社会保障及び国民保健の向上を目的として1948年11月に前身となる全国国民健康保険団体中央会が発足する。1959年1月1日に社団法人化に伴い、国民健康保険中央会に改称。2000年度から介護報酬の審査支払業務及び介護保険サービスの相談・指導・助言(苦情処理)業務を行うようになった。

高額レセプトの特別審査、全国的なシステム開発、全国決済業務、国保連合会における審査支払支援・調整等、その他国保連合会への支援を行っている。

機関紙編集

  • 国保新聞

外部リンク編集