メインメニューを開く

国民共進会(こくみんきょうしんかい)は、中華民国初期の公開政党孫文(孫中山)支持派の政党である。

国民共進会
各種表記
繁体字 國民共進會
簡体字 国民共进会
拼音 Guómín Gòngjìnhuì
注音符号 ㄍㄨㄛˊ ㄇ|ㄣˊ ㄍㄨㄥˋ ㄐ|ㄣˋ ㄏㄨㄟˋ
発音: グオミン ゴンジンフイ
日本語漢音読み こくみん きょうしんかい
テンプレートを表示

民国成立直後の1912年民国元年)3月に北京で結成された。会長には伍廷芳が推戴され(ただし実際には就任せず)、副会長には王寵恵が就任した。幹部には陳錦濤徐謙許世英林志鈞牟琳江辛などがいる。なおこれら幹部の多くが唐紹儀内閣の構成員であった。

党の宗旨としては、健全なる共和政体の完成を掲げた。また、袁世凱の独裁的な権力行使に反対している。しかし、まもなく唐紹儀内閣が倒れたため、王寵恵や徐謙なども閣僚辞任に追い込まれ、党の勢力は振るわなくなった。

1912年民国元年)8月、宋教仁の指導の下で統一共和党などと合併し、国民党が結成された。

参考文献編集

  • 謝彬『民国政党史』1924年(中華書局版、2007年、ISBN 978-7-101-05531-3
  • 李松林主編『中国国民党史大辞典』安徽人民出版社、1993年。ISBN 7-212-00630-0