国立樹木園朝鮮語: 국립수목원 (國立樹木園)[注釈 1])は、102 ha[2]規模で、京畿道抱川市蘇屹邑直洞里と京畿道南楊州市榛接邑富坪里に位置するユネスコ生物圏保存地域であるとともに、樹木園として大韓民国山林庁管下の政府機関である。朝鮮時代の国王世祖は自身と王妃貞熹王后尹氏の陵墓を今の光陵の場所に定めると共に、周辺山林も王陵付属林として保護[2]せよと厳命した。以後、森が保存されて朝鮮戦争も耐え抜くと共に、現在まで500年を超えて生命力を維持している[3]

国立樹木園
大韓民国政府の紋章국립수목원
國立樹木園
組織の概要
設立年月日1999年5月24日
継承前組織
  • 林業研究院
行政官
  • チェ・ヨンテ(国立樹木園長 (第11代)
上位組織大韓民国山林庁
ウェブサイト国立樹木園 - 公式ウェブサイト
国立樹木園
各種表記
ハングル 국립수목원
漢字 國立樹木園
発音 クンニ スモグォン
日本語読み: こくりつじゅもくえん
RR式 Gungnip sumogwon
MR式 Kungnip sumogwŏn
英語表記: Korea National Arboretum
テンプレートを表示
大韓民国の天然記念物
 
文化財庁の紋章

天然記念物第11号

指定日   1962年12月1日

所在地   京畿道南楊州市榛接邑富坪里 山99-1

各種表記
ハングル 광릉크낙새서식지
漢字 光陵크낙새棲息地
発音 クァンヌン クナセ ソシ
日本語読み: こうりょう ––– せいそくち
RR式 Gwangneung keunaksae seosikji
MR式 Kwangnŭng k'ŭnaksae sŏsikchi
テンプレートを表示

様々な動・植物が生息している。かつて大韓民国の唯一のキタタキ朝鮮語版英語版繁殖地だったこともあり、1993年までは毎年一つがいが繁殖していたが、1993年以後、姿を隠してしまった[4]。ここに生息する植物の種類は900余種に達する[5]

2010年6月2日からユネスコ生物圏保存地域に指定され、管理されている[6][7][8]

外部リンク編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1999年以前(1987年4月5日の開園から1999年5月24日の新設開園まで[1])は光陵樹木園광릉수목원)と呼ばれ、現在でも住所が「京畿道抱川市蘇屹邑光陵樹木園路415」となっている[1]こともあり、よくそのように呼ばれる場合が多い。

出典編集

  1. ^ a b 国立樹木園(光陵の森)(국립수목원(광릉숲)”. Korea Trip Tips. 韓国旅行情報. www.koreatriptips.com (2015年). 2021年8月29日閲覧。
  2. ^ a b 5000種以上の生物が生息する「光陵の森」”. chosun Online. エンタメ コリア. 朝鮮日報 (2018年12月9日). 2021年8月29日閲覧。
  3. ^ 유연태(ユ・ヨンテ) (2005-05-20). 서울근교여행 [ソウル近郊旅行] (初版 ed.). ソウル: 넥서스BOOKS(ネクサスBOOKS). p. 131 
  4. ^ 전익진(チョン・イクジン) (2018年4月13日). “[단독] ‘멸종’ 크낙새 북녘서 날아오나…남북 생물자원 교류 추진 [【単独】「絶滅種」キタタキ 北側から飛んで来るか…南北生物資源交流推進]” (朝鮮語). The JoongAng (中央日報). https://www.joongang.co.kr/article/22532321#home 2021年8月29日閲覧。 
  5. ^ 李惟美, 『森へ行く道』(이유미,《숲으로 가는 길》)。
  6. ^ 李惟美 (2010年6月2日). “'광릉숲' 생물권보전지역 지정..기대효과는? [「光陵の森」生物圏保存地域指定‥期待される効果は?]” (朝鮮語). 聯合ニュース. 議政府市. http://www.yonhapnews.co.kr/local/2010/05/28/0811000000AKR20100528095900060.HTML 2016年1月27日閲覧。 
  7. ^ japanese@yna.co.kr (2010年6月3日). “山林の宝庫「光陵の森」、ユネスコ生物圏保護区に”. 聯合ニュース. https://jp.yna.co.kr/view/AJP20100603003200882 2021年8月29日閲覧。 
  8. ^ “山林の宝庫「光陵の森」、ユネスコ生物圏保全地域に指定”. 東京: 駐日本国大韓民国大使館. (2010年6月23日). https://overseas.mofa.go.kr/jp-ja/brd/m_1049/view.do?seq=644844 2021年8月29日閲覧。