国際インターネット保存コンソーシアム

各国の国立図書館等の加盟する機関。インターネット情報の収集・保存・提供を進めて利用を呼びかけ、さまざまな課題解決に取り組むため協働する組織。

国際インターネット保存コンソーシアム(こくさいインターネットほぞんコンソーシアム、International Internet Preservation Consortium; IIPC) [3]とは、各国の国立図書館等が国際的に連携して、ウェブアーカイブを主とするインターネット情報の収集・保存・提供に係る技術的、運用上の課題の解決を図るとともに、世界各国にその趣旨への取り組みを普及する協力活動の受け皿となる[4][5]

国際インターネット保存コンソーシアム
略称 IIPC
設立 2003年7月 (2003-07)
目的 インターネット情報の収集・保存・提供を進めるため、各国の国立図書館ほか公的施設・民間機関が国を超えて連携し、その趣旨を世界に普及させ、さまざまな課題の解決と取り組む[1]
運営委員長
Steering
Committee
Chair
Hansueli Locher (スイス国立図書館英語版)[注釈 1]
運営副委員長 Mark Phillips (北テキサス大学)[2]
監査役 Sylvain Bélanger (カナダ国立図書館・文書館)[2]
プログラム・
広報担当役員
Olga Holownia (大英図書館)[2]
ウェブサイト http://netpreserve.org/
テンプレートを表示

概要編集

IIPCは、2003年にフランス国立図書館(BnF)、アメリカ議会図書館(LC)、インターネットアーカイブ(IA)等欧米言語圏の国立図書館11機関とアーカイブサービスの合計12機関により設立された[6]。当初は新規加盟は認められなかったが、2007年以降、各国の図書館公文書館博物館等の文化財保存機関や研究機関の新規加盟が認められるようになった[6]。加盟機関は2012年46件[6]、2018年が56件であ る[7]。日本からは、国立国会図書館が2008年4月にIIPCに加盟した[6]

組織編集

IIPCの組織は協定により明記されている。[8]IIPCは年1回、加盟機関の全代表者による総会(General Assembly)を開催する。IIPCの運営方針等は、加盟機関のうち、数機関の代表者で構成される運営委員会(Steering Committee)により決定される。運営委員会委員から選出された議長(Chair:任期1年)が総会、運営委員会を総理する。運営委員会は少なくとも年2回開催され、(1) 議長の選出、プログラム担当役員(Program officer)、連絡担当役員(Communications officer)、監査役(Treasure)の任命(2) 新規加盟申請の検討と承認(3) 戦略的計画、年間計画の策定等について討議・決定する。プログラム担当役員(Program officer)はIIPCのプロジェクト管理の責任を、連絡担当役員(Communications officer)は加盟機関のコミュニケーション管理の責任を、監査役(Treasure)はIIPCの財務管理の責任を持つ。いずれも任期は3年である。[9] プロジェクトを具体的に実施するのは加盟機関が参加するワーキンググループである。ワーキングループは(1) 収集(Harvesting)、(2) 提供(Access)、(3) 保存(Preservation)の3つがある。[10]

プロジェクトと成果編集

(1)ウェブアーカイブ技術の開発[11]

収集ロボットHeritrix[12] 、選択的ウェブアーカイブツールWeb Curator Tool[13] 、全文検索エンジンNutchWAX[14] 、提供用インターフェースWayback[15]等を開発している。

(2)規格の策定

ウェブアーカイブの保存フォーマットとしてWeb ARChive英語版(WARC)を国際標準化機構(ISO)に提案し、2009年5月に正式な規格となった。[16][17]

(3)その他

ロスアラモス国立研究所等が開発している各機関のウェブアーカイブ間の相互運用性を高めるメメント・プロジェクト英語版への協力[18]等の加盟機関や類縁機関の技術開発への協力等を行っている。

参加組織編集

2016年現在[19]

国立図書館編集

地域図書館編集

非営利財団・図書館編集

大学・研究所編集

国立公文書館編集

プロバイダ編集

  • Hanzo Archives Limited (イギリス)
  • Organisation Information Archivierung (OIA) (ドイツ)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 運営委員会は会員総会で選ばれ、任期3年。委員長、副委員長は毎暦年、委員の互選で任命される。2018年改選後の役員は15名[2]

出典編集

  1. ^ Mission and Goal(英語)
  2. ^ a b c d Leadership > Officers; 2018 Steering Committee Members (2018年改選の役員名簿)” (英語). netpreserve.org. 2019年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月1日閲覧。
  3. ^ International Internet Preservation Consortium”. netpreserve.org. 2013年9月23日閲覧。
  4. ^ About IIPC”. netpreserve.org. 2012年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月23日閲覧。
  5. ^ 柴田昌樹「CA1664 -IIPCを中心としたウェブアーカイブに関する動向」『カレントアウェアネス』296 (CA 1664)、2008年6月20日、 8-9頁。
  6. ^ a b c d インターネット資料収集保存事業(WARP) (2013年1月29日). “International Internet Preservation Consortium (IIPC)”. 国立国会図書館. 2013年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月2日閲覧。
  7. ^ インターネット資料収集保存事業(WARP). “International Internet Preservation Consortium (IIPC) > 2018年末現在のIIPC参加機関”. 国立国会図書館. 2018年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月31日閲覧。
  8. ^ membership
  9. ^ Leadership
  10. ^ Working group
  11. ^ Software
  12. ^ Heritrix”. 2013年9月23日閲覧。
  13. ^ Web Curator Tool”. 2013年9月23日閲覧。
  14. ^ NutchWAX”. 2013年9月23日閲覧。
  15. ^ Wayback”. 2013年9月23日閲覧。
  16. ^ ISO 28500:2009”. International Organization for Standardization. 2013年9月23日閲覧。
  17. ^ ウェブアーカイブの保存用ファイルフォーマットWARCがISO標準に. カレントアウェアネス-E No.153. (2009年7月8日). http://current.ndl.go.jp/e947. 
  18. ^ Memento
  19. ^ IIPC Members”. IIPC. 2016年10月2日閲覧。

外部リンク編集