国際拘禁連盟(こくさいこうきんれんめい、International Detention Coalition, IDC)は、移民難民亡命者に関する非営利活動研究者法律家、市民医学関係者を含む、50カ国 202の活動から構成される [1]

International Detention Coalition(国際拘禁連盟)
設立 2006年9月
所在地 オーストラリアの旗 オーストラリアメルボルン
主要人物 グラント・ミッチェル(Grant Mitchell)
主眼 移民難民亡命者の人権に関する活動
会員数 202
ウェブサイト www.idcoalition.org
テンプレートを表示

主な活動編集

  • 移住者(特に子ども)収容の廃止
  • 移住者収容代替措置の提案
  • 移住者収容所の監視

年表編集

  • 2006年9月、設立
  • 2008年6月20日、IDCはベルギーの127bis 収容所を訪問。ベルギー政府に児童収容、収容所環境について報告。2009年2月25日、IDC はベルギー移住大臣 Annemie Turtelboom より収容所環境改善の返答を受ける。
  • 2008年10月、ベルギー政府は、不法移民児童の収容を行わないことを発表[2]
  • 2008年10月、マレーシアにおいて、オーストラリア再定住予定の3名のミャンマー難民児童は、レンゲン収容所(レンゲン Lenggengヌグリ・スンビラン州)に収容される。2009年2月に解放、家族と共にオーストラリアへ移動[3]
  • 2010年、東アジア収容代替措置円卓会議(UNHCR主催)
  • 2010年5月、日本政府は全ての移民児童を収容所から解放
  • 2011年、『収容代替措置実施のためのハンドブック』が発行された[4]
  • 2011年5月、世界収容代替措置円卓会議がジェノバで開催された。

主な協力活動編集

協力機関数:202(2009年)[5]

脚注編集

外部リンク編集