国際機関

政府間の条約によって設立された組織

国際機関こくさいきかん英語: international organizations)とは、複数の国にまたがって存在し、国際的に活動を行う組織である。

赤十字国際委員会の本部。スイスジュネーブは、世界で最も多くの国際機関の本部がある都市である[1]

国際組織国際機構とも訳される。国際的なアジェンダを設定し、政治交渉を仲介し、政治的イニシアチブの場を提供し、連合形成の触媒として行動することを役割としている。また、際立った問題を定義し、どの問題をまとめてグループ化するかを決定することで、政府の優先順位の決定やその他の政府の取り決めに役立てている。

歴史編集

世界で最初の政府間組織は、1865年に設立された国際電気通信連合(前身は万国電信連合)と言われており、後の国際連盟国際連合などの後の組織のモデルとなった。それ以前には、1815年ウィーン会議により発足したライン川航行中央委員会(Central Commission for Navigation on the Rhine)などの地域的な政府間組織もいくつか存在した。

分類編集

「国際機関」としては次の2つの種類に分類される。

政府間組織編集

世界規模の組織編集

地域間組織編集

非政府組織編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ François Modoux, "La Suisse engagera 300 millions pour rénover le Palais des Nations", Le Temps, Friday 28 June 2013, page 9.

関連項目編集