国際測地学協会(こくさいそくちがくきょうかい、英語: International Association of Geodesy、IAG)は、1862年に設立された、測地学に関する国際組織。以下の4つの委員会(英語: commission)を有する。

国際測地学協会
略称 IAG
前身 中欧測地学協会
設立 1862年
種類 学会
目的 測地学に関するあらゆる学術的諸問題の研究の振興、測地学的調査の振興等
本部 ドイツの旗 ドイツバイエルン州ミュンヘンアルフォンス=ゴッペル通り11番地
座標 北緯48度8分29.6秒 東経11度34分48.9秒 / 北緯48.141556度 東経11.580250度 / 48.141556; 11.580250座標: 北緯48度8分29.6秒 東経11度34分48.9秒 / 北緯48.141556度 東経11.580250度 / 48.141556; 11.580250
会員数
約80か国
公用語 英語
会長 オーストラリアの旗Chris Rizos
提携 IUGG
ウェブサイト www.iag-aig.org
かつての呼び名
万国測地学協会
テンプレートを表示

1861年に de:Johann Jacob Baeyer が呼びかけ翌1862年に設立された“中欧測地学協会” (Mitteleuropäische Gradmessung) をその起源とする。国際測地学・地球物理学連合(IUGG)を構成する団体の1つで、測地学的研究・調査の振興を目的とする[1]

脚注編集

  1. ^ 国土地理院"用語集|国土地理院"(2013年7月20日閲覧。)

外部リンク編集