国際演劇協会は、 演劇ダンスの専門家とユネスコによって1948年に設立された世界最大の舞台芸術団体[2] 。  舞台芸術に特化する国際演劇協会は、ユネスコの目標である相互理解と平和を推進し、年齢、性別、信条、民族を問わず、文化的表現の保護と促進を提唱している。芸術教育、国際交流と協力、青少年育成の分野で国際的にも国内的にも活動している[3] 。国際演劇協会は毎年、パリのユネスコにおいて国際ダンスデー世界演劇の日を開催している。 [4] [5]

The International Theatre Institute ITI UNESCO
Institut International du Théâtre ITI UNESCO (フランス語)
Emblem of the United Nations.svg
略称 ITI
設立 1948年 (73年前) (1948), Prague[1]
種類 Specialized agency
法的地位 Active
本部 Paris, France
公用語 English, French,
Head Tobias Biancone
Director-General of ITI
ウェブサイト www.iti-worldwide.org
テンプレートを表示

ゴール編集

国際演劇協会は:

  • ライブパフォーミングアート( ドラマ 、ダンス、音楽劇場)の分野での活動と創造を奨励します。
  • 国内および国際的な舞台芸術の分野と組織の間の既存のコラボレーションを拡大することを目的としています。
  • 国際オフィスを設立し、すべての国で国際演劇協会センターの設立を促進します。
  • 文書を収集し、あらゆる種類の情報を広め、出版物を舞台芸術の分野で発行します。
  • 「 シアターオブネイションズ 」の開発に積極的に協力し、そのメンバーと協力して、地域レベルおよび地域レベルの両方で、劇場会議、ワークショップ、専門家会議、およびフェスティバル、展示会、コンテストの開催を奨励および調整します。
  • 舞台芸術の自由な発展を擁護し、舞台芸術の専門家の権利の保護に貢献する

組織編集

国際演劇協会は、約92の各国のセンターのネットワークによって形成されている。各センターは、劇場空間で活躍する舞台芸術の全部門の代表者で構成されており、その活動は、国内および国際レベルで行われている。 [6]  国際演劇協会はまた、舞台芸術を促進するため、メディアコミュニケーションの研究に特化したコミュニケーション委員会(ComCom)、国際モノドラマフォーラム(IMF)、国際ダンス委員会(IDC)など、さまざまな委員会を設置している。

国際演劇協会 日本センター編集

公益社団法人 国際演劇協会(ITI/UNESCO)日本センターは、を東京都渋谷区千駄ヶ谷にある国立能楽堂内に本部を構えている。

1951年5月に日本センターが創立された。 1985年 4月に日本演劇協会から独立し、内村直也(劇作家)が会長に就任。現在は永井多恵子が会長。

(1)日本と諸外国の舞台芸術に関する現状の調査・研究 (2)レクチャー、シンポジウム、ワークショップなどの開催 (3)国内外の舞台芸術状況に関する出版物の刊行 (4)舞台芸術に関する各種国際会議への専門家の派遣・招聘 (5)各国の相互理解を目的とする公演の企画・制作 (6)舞台芸術による国際交流を推進するための環境整備

参考文献編集

  1. ^ UNESCO history”. UNESCO. 2010年4月23日閲覧。
  2. ^ Awde. “ITI Congress, Segovia: Britain returns to the fold of world theatre”. The Stage. 2018年9月18日閲覧。
  3. ^ Archived copy”. 2012年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月3日閲覧。
  4. ^ http://portal.unesco.org/culture/en/ev.php-URL_ID=33393&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html
  5. ^ http://portal.unesco.org/culture/en/ev.php-URL_ID=26680&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html
  6. ^ Archived copy”. 2011年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月3日閲覧。

外部リンク編集