国際連合安全保障理事会決議109

国際連合安全保障理事会決議109(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ109、: United Nations Security Council Resolution 109, UNSCR109)は、1955年12月14日国際連合安全保障理事会にて採択された決議。理事会は総会から、アルバニアオーストリアブルガリアカンボジアセイロンフィンランドハンガリーアイルランドイタリアヨルダンラオスリビアネパールポルトガルルーマニアスペインの計16国の国連加盟申請を検討するよう指示され、上記のすべての国の加盟を勧告した。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議109
日付: 1955年12月14日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 705回
コード: S/3509
文書: 英語

投票: 賛成: 8 反対: 0 棄権: 3
主な内容: アルバニアヨルダンアイルランドポルトガルハンガリーイタリアオーストリアルーマニアブルガリアフィンランドセイロンネパールリビアカンボジアラオススペインの加盟について
投票結果: 採択

安全保障理事会(1955年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
ベルギーの旗 ベルギー
ブラジルの旗 ブラジル
イランの旗 イラン
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ペルーの旗 ペルー
トルコの旗 トルコ

決議は賛成8票・反対0票で採択されたが、ベルギー中国アメリカ合衆国は棄権した。

詳細編集

以下は決議の英文[1]

The Security Council,
Bearing in mind General Assembly resolution 918 (X) of 8 December 1955 on the admission of new Members to the United Nations,

Having considered separately the applications for membership of Albania, Jordan, Ireland, Portugal, Hungary, Italy, Austria, Romania, Bulgaria, Finland, Ceylon, Nepal, Libya, Cambodia, Laos and Spain,
Recommends to the General Assembly the admission of the above-named countries to the United Nations.

以下はその和訳。

安全保障理事会は、
国際連合への新規加盟に関する1955年12月8日の総会決議918(X)を念頭に置き、

アルバニア、ヨルダン、アイルランド、ポルトガル、ハンガリー、イタリア、オーストリア、ルーマニア、ブルガリア、フィンランド、セイロン、ネパール、リビア、カンボジア、ラオス及びスペインの加盟申請を個別に考慮した上で、
上記に述べた国々の国際連合への加盟を総会に勧告する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ODS HOME PAGE”. documents-dds-ny.un.org. 2022年4月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集