国際連合安全保障理事会決議116

国際連合安全保障理事会決議116(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ116、: United Nations Security Council Resolution 116, UNSCR116)は、1956年6月26日国際連合安全保障理事会で全会一致のもと採択された決議チュニジアの国連加盟申請を検討した後、チュニジア加盟の承認を総会に勧告した。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議116
日付: 1956年6月26日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 732回
コード: S/3629
文書: 英語

投票: 賛成: 11 反対: 0 棄権: 0
主な内容: チュニジアの加盟について
投票結果: 全会一致で採択

安全保障理事会(1956年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
オーストラリアの旗 オーストラリア
ベルギーの旗 ベルギー
 キューバ
イランの旗 イラン
ペルーの旗 ペルー
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア

詳細編集

以下は決議の英文[1]

The Security Council,
Having examined the application of Tunisia 16,
Recommends to the General Assembly that Tunisia be admitted to membership in the United Nations.

16 Ibid., document S/3622

以下はその和訳。

安全保障理事会は、
チュニジアの申請16を審査した結果、
チュニジアを国際連合に加盟させることを総会に勧告する。

16同上、文書S/3622参照。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ODS HOME PAGE”. documents-dds-ny.un.org. 2022年4月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集