国際連合安全保障理事会決議138

国際連合安全保障理事会決議

国際連合安全保障理事会決議138(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ138、: United Nations Security Council Resolution 138)は、1960年6月23日国際連合安全保障理事会で採択された決議である。

国際連合安全保障理事会
決議138
日付: 1960年6月23日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 868回
コード: S/4349
文書: 英語

投票: 賛成: 8 反対: 0 棄権: 2
主な内容: アドルフ・アイヒマン
投票結果: 採択

安全保障理事会(1960年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
セイロン
エクアドルの旗 エクアドル
イタリアの旗 イタリア
ポーランドの旗 ポーランド
チュニジアの旗 チュニジア

安保理は、アドルフ・アイヒマンがアルゼンチンからイスラエルに連行されたことがアルゼンチンの主権を侵害したという申し立てを受けて、このような事態が繰り返されるようなことがあれば、国際平和と安全を危険にさらす可能性があると宣言し、イスラエルに対し、国際連合憲章と国際法に従い適切な賠償を行うように要求した。

しかし、イスラエルは、安保理の権限を超えるものであり、二国間の交渉で直接解決するべきであるとの見解を示し[1]、イスラエルとアルゼンチンは更なる交渉を行い、8月3日には、アルゼンチンの主権が侵害されたが、問題は解決されたという旨の共同声明を発表した[2]

決議案は、賛成8で採択されたが、ポーランドとソビエト連邦が棄権した。アルゼンチンは出席したが、採決には参加しなかった。

原文 編集

The Security Council,

Having examined the complaint that the transfer of Adolf Eichmann to the territory of Israel constitutes a violation of the sovereignty of the Argentine Republic,

Considering that the violation of the sovereignty of a Member State is incompatible with the Charter of the United Nations,

Having regard to the fact that reciprocal respect for and the mutual protection of the sovereign rights of States are an essential condition for their harmonious coexistance,

Noting that the repetition of acts such as that giving rise to this situation would involve a breach of the principles upon which international order is founded creating an atmosphere of insecurity and distrust incompatible with the preservation of peace,

Mindful of the universal condemnation of the persecution of the Jews under the Nazis, and of the concern of people in all countries that Eichmann should be brought to appropriate justice for the crimes of which he is accused,

Noting at the same time that this resolution should in no way be interpreted as condoning the odious crimes of which Eichmann is accused,

l. Declares that acts such as that under consideration, which affect the sovereignty of a Member State and therefore cause international friction, may, if repeated, endanger international peace and security;

2. Requests the Government of Israel to make appropriate reparation in accordance with the Charter of the United Nations and tbe rules of international law;

3. Expresses the hope that the traditionally friendly relations between Argentina and Israel will be advanced.

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ Wellens, Karen; T.M.C. Asser Instituut (1990). Resolutions and statements of the United Nations Security Council (1946–1989): a thematic guide. BRILL. p. 393. ISBN 978-0-7923-0796-9 
  2. ^ Green, L.C. (1962). “Legal issues of the Eichmann trial”. Tulane Law Review 37: 641–683. http://heinonline.org/HOL/LandingPage?handle=hein.journals/tulr37&div=44 2013年11月25日閲覧。. 

外部リンク 編集